ギスカブログ

釣り・読書・ウクレレ「ギスカジカ」のブログ

MENU

練りエサ「九ちゃん」で海釣り

マルキユーといえば、つりエサ界で知らない者はいないほどの巨人です。

特に、ヘラブナの練りエサでは多彩な製品を販売し、どんな釣り方もカバーするくらい。

90年代からソフトルアーにも参入、エコギアはもう定番といっていいほど釣り人に定着しています。

私も根魚釣りでは、グラスミノーの大ファン。

絶対の信頼をもって使用しています。

バス釣りをしていた頃は、エコギアのストレートのネコリグで何度二桁釣りをしたことか。

マルキューにはいい思い出しかありません。

マルキューには、九ちゃんと呼ばれるものが二つあります。

一つというか一人はキャラクター。

マルキューの製品や釣り番組に出てくる少年釣り師です。

野球帽と長靴のニコニコ少年。

もう一つは万能練りエサ。

コイ、フナ、クチボソなんでもござれのエサです。

マルキューの練りエサの基本といってもいいものです。

私が初めてヘラブナを釣ったときのエサでもあります。

というかフナ釣りしていてヘラが喰ってきたって感じだったのですが。

九ちゃんの袋には「九ちゃん」が描かれていて、ある意味マルキューを象徴するような製品に見えますね。

今日この九ちゃんを使って、海で釣りをしました。

対象魚はイワシです。

最近、漁港に入ってきてまして、サビキ釣りでよく釣られています。

私もサビキ釣りは好きなのですが、コマセを使うと片付けが面倒なので、なるべく使いたくありません。

釣ってる時は、2匹も3匹もかかることもあって楽しいのですが、コマセが苦手なんです。

それにウキ釣りのいかにも釣りをしていますっていう雰囲気が好きなのもあります。

エサは、アミとかの方がいい気はしたのです。

しかし、YouTubeの「GoGo九ちゃんフィッシング」の「ヘラスタイル海へ」という動画を見て、やってみたいと思ったのでした。

本格的なヘラスタイルはちょっと漁港じゃ恥ずかしい。

場違い感満載ですからね。

そして、釣れなきゃもっと恥ずかしい。

というわけで、九ちゃんなら海でも使えると袋にも書いてあるし恥ずかしくない、と保険をかけて、このスタイルになりました。

時折、にわか雨は降るものの、幸い台風はまだ来ていないようですし。

とりあえず漁港へGoです。

漁港は天候の悪さを受けて、ハゼ釣りらしいちょい投げをしている方が一組だけでした。

とりあえず水面を見ます。

イワシが居るなら、見えるはずです。

いません。

なんてことだ。

とは思いましたが回遊魚、泳いでくる可能性も残っています。

とりあえず竿を出しました。

まったく当たりがなく、2・3度場所を変えていたら、ハゼ釣りの方々お帰りです。

またにわか雨が降ってきたので、これから荒れるとみたのでしょう。

私は5時までは大丈夫と「NHKニュース防災」アプリの予報を信じます。

信じる者は救われる、晴れてきました。

とウキが沈みました。

上げてみると手応えなし。

もう一度九ちゃんつけて投入。

もう当たりなんてもんじゃなくて、ウキが30cm以上沈んでいます。

でも、上げても何もかかっていない。

おかしい。

フグか?

ネリエを周りから吸い取っているのか。

あるいはサカナのクチが針より相当小さいのか。

とはいうものの使っている針は、ヘラスレの3号、10cm以下のクチボソも釣ったことがある針です。

う~ん。

九ちゃんを小さめに針先に付けて投入します。

ウキが10cmほど沈んだところで竿を立てます。

ついにサカナの手応えです。

おお、引く引く。

なんだろう。

銀色の細いサカナです。

しかし、イワシではないような。

上げてみたらこれでした。

ウグイです。

20cm越えで、まあまあなサイズです。

このサカナ、正確にいうと地元ではオオガイといいまして、海降型のウグイです。

正式にはマルタウグイといいます。

食べてもおいしくなく海産物としての価値はありません。

積極的に捕ったり釣ったりするサカナではないのです。

それにしても久しぶりに見ました。

海水温が上がっているので、もう北の方にいったかというくらい見てなかったのです。

いるんですねえ。

それにしてもさすが九ちゃん、コイ科に強い。

海にいる数少ないコイ科のサカナを選んで釣ってくれました。

ウグイはクチを見るとよく分かりますが、厚いクチビルがコイとよく似ています。

この後も当たり多いのですが、なかなか釣れませんでした。

どうやら大きい順に釣れてるようで、小さいやつはクチにかかりにくいようです。

4匹釣れたのですが、少しずつ小さくなっていきました。

イワシなら持ちかえりと決めてましたけど、ウグイは釣れたらすぐ逃がしていたのですが、そんな私に目を付けた生き物が。

これです。

私のすぐ横に来ました。

ウミネコです。

改めて見るとウミネコの眼ってこわいですね。

カモメはもっと優しいのですが。

釣ったウグイを水面に落とした瞬間、水面にダッシュです。

なんと、ウミネコを蹴散らして、ワシが掴んで飛んでいきました。

なんてこったい。

釣り人みんな帰ったので、人間が一人だから安心したのかな。

鳥に取り囲まれていたようです。

その後、九ちゃんがなくなったので帰りました。

試しなので、少ししか作っていかなかったのです。

それにしても、海のウキ釣り楽しかったなあ。

竿は2.7mの硬調ヘラ竿、ウキはドングリウキでした。

今度ヘラウキでやってみようと思います。

次はウグイ以外のサカナが釣りたいですね。