ギスカブログ

スモールライフを目指す「ギスカジカ」のブログ

MENU

避けられる人にはなりたくない

 今回読んだ本もセンセーショナルなタイトルが付けられていました。

 「みんなに好かれる人避けられる人」というのがそれです。

 人を分類して,その性質を列挙している。

 そんな内容が想像されます。

 しかし,中身はそうではありませんでした。

 人とトラブルなく生活していくにはどうしたらよいか。

 そんな内容でした。

 著者はアメリカ人のドリス・W・ヘルマリングさん,セラピストです。

 つまり翻訳書でして,原題はセンス・アビリティ。

 直訳すれば感覚力です。

 人から嫌われないためには感覚力が大事である。

 ものすごく乱暴にまとめるとこういう主張になります。

 読んでこんなことが印象に残りました。

 感覚力は感じ取る力のことのようです。

 では,何を感じ取るのか。

 まずは,自分の感情です。

 自分が怒っていたり不機嫌になっていたりすること。

 このことをまず感じ取るのです。

 次に,どうして怒っているのか。

 それを見つめます。

 そうしてみると,怒りや不満という感情がさして大事でもないことから起きていることが分かります。

 そうして,マイナスの感情が他人に及ぼす悪影響を防ぐのです。

 相手に褒め言葉をかけることは,一般にはよいことです。

 しかし,素直に受け取れない褒め言葉も存在します。

 あんなにうまくできるとは思わなかった。

 奇跡が起きたね。

 これは,上から目線の言葉,というより相手を見くびっていることがにじみ出た言葉です。

 こういうことにカチンとくる人はいます。

 こういう言葉を発してしまった時,または発せられた時,どのように振る舞うか。

 ここが大切なところです。

 何に怒りや不満を感じたのか。

 これを見つめることが適切な振る舞いにつながります。

 感情というものは,生きるエネルギーを与えます。

 しかし,いつでもプラスに働くとは限りません。

 悪影響を与えることも多いのです。

 本書の感覚力は,感情を制御するために力ということもできるでしょう。

 冷静で公平な観察者となり,自分や相手の感情を見つめる。

 そして,常に落ち着いて意識的に過ごす。

 感情に駆られた行動は慎む。

 こういうことが人に嫌われない行動につながるのです。

 実際,人に嫌われる方は,自らの感情のままに行動していることが多いです。

 相手がそれ言動に対してどう思っているかを考えない。

 いや,考えないのではなく感じ取ることができない。

 そういう状態になっていることがとても多いと思います。

 感覚力でそれを制御できれば,それに越したことはない。

 そう思います。

 さて,感覚力を高める手法の一つとしてマインドフルネスが取り上げられていました。

 マインドフルネス。

 いろいろな本で取り上げられています。

 今に集中する方法として,こんな方法が挙げられていました。

 ゆっくり呼吸する。

 呼吸していることに集中する。

 繰り返して過去や未来を考えず,今に集中する。

 ここには今しかない。

 今のすばらしさを実感する。

 これは私の言葉でまとめていますが,こんな方法です。

 どこか禅に似ていますね。 

 感情を大きく動いた時に試してみたいと思います。

 本書には,愛に関する話や批判についての話,他人をコントロールしたがる人の話など興味深い話題が他にもあります。

 自分の感情を制御したいという方には,一読を勧めます。

 やってみようかなと思えることが見つかると思います。

 久々によい本に巡り会えました。

 

 

末端管理職の悲哀

 これでも少々部下がいる役職をもらっています。

 中間というほど上でもないので,末端管理職といったところです。

 それで,昨今何とかハラスメントとかすぐに退職する何とかとかで,職場の風通しをよくしろ的な指示がきます。

 やれやれです。

 確かに陽気な人と仕事をするのは気楽ですし,陰気な上司では溜息が移ってきます。

 それで,部下に毎日あいさつというか声を掛け孤立する同僚がいないか気を配ります。

 しかし,中には困った人もいるわけです。

 最近困っているのは,年下の同僚への不満を本人以外の人と大きな声で話す人です。

 話す本人は,自分に正義があると思って話しているようなのですが,聞いていて気持ちがいいものではありません。

 結果,職場の雰囲気が悪くなります。

 やれやれです。

 悪口いわれた方をなぐさめたり励ましたりしてればいいようなものですが,まあ実際そうしているのですが,それだけではすみません。

 そういう困ったことをする人も部下なわけで,やめさせないといけません。

 で,指導となるわけです。

 ですが,そういうことをするくらいの人なので周囲の人間の気持ちを感じ取るのが弱いのです。

 だいたいみんなやな感じだなあ,やめればいいのに,本人に直接いえばいいのにぐらいに思っているのですが,それを感じ取れないのです。

 つまり悪口を聞かされている人もうんざりしているのに気づいていないという,そんな感じなわけです。

 というわけで,指導を受け入れるとは限りません。

 へたに指導すると逆恨みを買います。

 別に仲良しになりたいわけでもないので,恨みを買ってもどうでもいいんですが,そうすると別の意味で職場の雰囲気が悪くなり,しかも自分が当事者になるので嫌なんです。

 やれやれとなるのも仕方なし。

 さて,どうしたものかと悩んでいたら,私とは別の同性の上司が諭してくれたようでした。

 ラッキー。

 これで悪口がなくなればいいんですけど。

 とまあ,こんな日常なので,カウンセリングやストレスやらの本に興味をもつのも自然と思われるでしょう。

 元々心理学が好きというのもあるんですが。

 今読んでいる本は「みんなに好かれる人避けられる人」です。

 避けられる人を変える手掛かりがあるといいなあ。

 勉強になったことを後ほど紹介できればと思います。

 ぼやいてばかりの記事となりましたので,今日はこれまでとしましょう。

 

 

ポジティブとコミュニケーション

 人との関わりに興味を持って様々な本を読んでいます。

 今回は「コミュニケーションをシンプルに」というタイトルの本を読みました。

 対話での意思疎通にも興味があります。

 ですが,読み始めてすぐう~んという感じになりました。

 何がう~んだったのか。

 その辺りも含めて感想を述べます。

 冒頭から読み進めると、一段落一文が出てきました。

 6行にわたる段落です。

 これは…。

 文章作法では,分かりにくい文章の例としてよく挙げられているものです。

 このブログも一文で一段落だろう。

 と返されればその通りではありますが,文の長さが違います。

 それに,ブログと書籍の文体は同じにはなりません。

 さて,嫌な予感がしたので出版社を確かめました。

 近代文藝社

 自費出版の会社です。

 そうではない可能性もありますが、しかし文体その他から考えて、自費出版でしょう。

 自費出版がすべてそうではないのですが、伝えたい思いが先行する書籍が多く、中身の整理や検討が十分ではないという印象があります。

 そのパターンかなと思いつつ読み進めました。

 読了。

 個人的見解ですが,そのパターンでした。

 一つ私の思い込みによる勘違いがありました。

 コミュニケーションは相互のやりとりと思っていたのです。

 しかし,本書では元々の意味である伝達で使っていました。

 つまり,この場合のコミュニケーションは一方通行です。

 本書の主題は伝え方ですね。

 どおりで,例として講演を挙げているのが多いはずです。

 相互理解のためになるかなと思って読んだのは,私の思い違いだったのでした。

 それで,そのよりよい伝え方ですが,筆者はポジティブ観察法という手法を提案しています。

 これは,講演などにポジティブ情報がどれだけ含まれているかを観察するという方法です。

 ポジティブ情報とは,コミュニケーションを行う上で前向きな情報とのことです。

 この情報が多く含まれているのがよいコミュニケーションとされます。

 そして,よいコミュニケーションをしている人を観察して,そのよさをまねることでコミュニケーション力を上げる,ということらしいです。

 本書のメインは,講演をチェック表を用いた分析です。

 もちろん,ポジティブ情報をチェックしているのです。

 まあ,ポジティブであれば共感を得やすいでしょうし,共感が高い場合は理解も進むような気がします。

 上がらないとまではいえませんが,それだけでコミュニケーション力が高まるかというと,どうでしょうね。

 もっと話術というか技能的な要素も必要では,と思います。

 まあでも,気分が明るくなる話の方が,聴衆を引きこみやすいのはそうだろうと思います。

 だから,本書の主張を否定はしません。

 物足りないとは思いますが。

 と,こんな感想をもったので,う~んなのでした。

 なお,本書に載っていた事例は,ポジティブ情報の量に関係なくすばらしいものばかりでした。

 特に東日本大震災の例はよかったです。

 これは,ポジティブだから惹かれたのではなく内容がよかったから惹かれたのです。

 ここから考えても,コミュニケーション力を分析する観点は,もう少し多いとよいのではないでしょうか。

 ポジティブも重要ですけどね。

色で性格をとらえる!

 人間関係についての本を読もうと思い一冊選びました。

 「人間関係『違い』がわかればうまくいく!」という本です。

 読み終えて,このタイトルは少しちがうと思いました。

 「違いがわかれば人間関係もうまくいく」

 こんな内容の本でした。

 とはいうものの,ためになるところも多かったので,感想を交えながら内容を紹介していきます。

 この本の趣旨は,自分の本当の能力を引き出す,ということです。

 どうやって引き出すのか。

 自分自身を知ることによって引き出すのです。

 では,どうやって自分自身を知るのか。

 トゥルーカラーズという方法を用いるのです。

 そうなんです。

 この本は,トゥルーカラーズの入門書なのです。

 トゥルーカラーズでは,四つの気質で性格をとらえます。

 まずはブルーです。

 ブルーは人と穏やかに関わり合い,調和を大切にする気質です。

 対立を嫌い,他人の気持ちに敏感です。

 次にはゴールドです。

 ゴールドは周囲に対して誠実であり,秩序を重んじます。

 やるべきことを着実に計画的に実行する気質です。

 三つ目は,グリーンです。

 グリーンは,興味をもったことをとことん追究する気質です。

 落ち着いていて思慮深いのですが,人への関心は希薄です。

 最後は,オレンジです。

 オレンジは人の目を気にせず,どんどん行動する気質です。

 刺激的なことが好きで,自分の欲求に忠実です。

 人は誰でも,これら四つの色を幾分かずつ持っています。

 一番自分に近い色から自分から最も遠い色まで,四色を並べます。

 そうすることで,自分がどんな人間であるのかを知るのです。

 四つの色,つまり四つの気質には,得意な場面と不得意な場面があります。

 自分がこういう場面ではこういう行動をとりがちだ,ということを知っておけば対策を立てることができます。

 また,どのような場面で力を発揮できるのかも分かるはずです。

 そうやって,自分と自分が置かれた場面を知ることで,自分の能力を引き出していくのです。

 敵を知り己を知れば百戦危うからず。

 孫氏の兵法のような感じでもあります。

 さて,この色による見方は,何も自分にだけ適用するものではありません。

 他人をとらえる際にも使えるのです。

 他人の長所や短所を知ってかかわっていく。

 こうすることで,無用なトラブルが減っていくはずです。

 オレンジの人に詳細な計画を立案させてもうまくいきません。

 オレンジは,困難場面で先頭を切って取り組ませるのに向いています。

 人と人の調整はブルーにお願いします。

 しかし,決断が必要な場面はブルーの出番ではありません。

 このように適材適所を考えていけば,どうしてあの人はいつも…といった不満を抱くことは少なくなると思います。

 結果,人間関係も良好になるというわけです。

 そして,個性を認め,違いというものを受け入れることができるようになります。

 人間を四つの類型でとらえるなんて,薄っぺらな人間理解だ。

 こういう感想をもつ人もいるでしょう。

 もし,最初にとらえた見方でずっと見ていくのであればそうなるかもしれません。

 でも,人間は成長するし,場面によって強く表れる気質も変わってくるはずです。

 自分のとらえを仮説として,検証や見直しをしていくのであれば,薄っぺらな見方とはならないと思います。

 私がこの本で一番参考にしたいと思ったことは,他人のとらえ方です。

 特に仕事でのつきあいとなると,できないことが目に付き,短所多めで人を見てしまいがちです。

 短所があれば,きっと長所もある。

 そういう風にとらえることができれば,穏やかな人間関係を形成することができると思いました。

 トゥルーカラーズという手法がおもしろいですね。

 もっとトゥルーカラーズについて知りたい。

 この気持ちが強まっています。

 

 

話せば必ず分かるわけじゃないので

 ここ数年,コミュニケーション力ほど重視されている力はないかもしれません。

 就職関連に書籍,サイトではコミュ力コミュ力と繰り返し出てきます。

 そこで語られるコミュ力とは,他人とコンタクトを取る力が中心のようです。

 要は陽キャかどうかってことのようです。

 しかし,コンタクトをとったからといってコミュニケーションが成立するわけではありません。

 今回も刺激的なタイトルの本を読みました。

 「こんな簡単な話が,なぜ通じないのか!」というのがそれです。

 表紙を見て,(怒ってどうする)と思いました。

 最近,真意を伝えるのが難しいと感じたこともあり,何か参考になるところはないかと読み進めました。

 内容について,感想を交えながら話します。

 冒頭,著者は話せば分かるわけではないと述べます。

 まあその通り。

 板垣退助には悪いのですが,話したって分からない人はいます。

 そこであきらめてしまっては,社会生活が成り立ちません。

 そこでどうするかが大切になります。

 筆者は続けて,コミュニケーションは共にするやりとりだといいます。

 つまり,話し手と聞き手の共同作業であると。

 こういうわけです。

 確かに,聞く耳持たぬ人には通じませんからね。

 とすれば,共同作業の場に聞き手を立たせなければなりません。

 どうするか。

 筆者は,コミュニケーションの成立には三つの条件があるといいます。

 双方向性,対面性,水平性の三つです。

 まずは,水平性が大切であると述べます。

 話し手と聞き手に上下関係があってはいけないのです。

 上から目線の話,教えてやるぞという姿勢。

 こういう態度では,理解しようという態度を引き出すことはできないといいます。

 そして,内心けむったがれながら聞き流されると。

 早く話が終わらないかなあ。

 これが聞き手の本音になります。

 これでは分かる話も分からなくなる。

 まずは同じ目線で話すことが大切なのです。

 双方向性は話をキャッチボールです。

 話し手,聞き手を固定してはいけないということです。

 話は自分4相手6ぐらいのバランスがよいと筆者はいいます。

 そのくらいの態度が共同性を成立させるのでしょう。

 対面性は,生身の人間のやりとりであることを意識する。

 言葉だけが伝えるものではありません。

 表情,身振りなどが言葉よりも重要なことを伝えることがあります。

 そういうことに注意するようになると,より分かりやすく伝えることができるようになります。

 話を理解するかしないかは,話し手に手中にはありません。

 あくまで聞き手が決定権をもっているのです。

 そういう聞き手にすることが大切なのです。

 この本の後半は分かる説明の仕方の具体的テクニックの話になります。

 例えば,説明はあっさり要点を話すとか,最初に話の全体像を示すとか,具体例を適宜いれる,体験談があるとなおよい,などです。

 実用的でよかったのですが,コミュニケーションを成立させるためという前半に比べると普通の実用書的でおもしろくはなかったです。

 しかし,役立つことはまちがいないので興味ある方は読んでみてください。

 最後に,使ってはいけないフレーズというのがあって,これはおもしろかったです。

 一つは「何度言ったら分かるんだ」です。

 もう一つは「こんなことも分からないの?」です。

 どちらも水平性をぶち壊しますね。

 よかれと思って使う言葉の中にもNGがあります。

 「簡単ですよ」という枕ことばです。

 相手の安心感を引き出すつもりなのでしょうが,それで分からなかったら劣等感を刺激してしまいます。

 そういう配慮も必要なわけです。

 話せば分かるという信念はすばらしいと思いますが,実現するためには技術と努力が必要です。

 身近な人にこそ,こういう努力をすべきなのかもしれない。

 そう思いました。

 

 

久々のヤマメ釣り

 今日は月曜日ですが休みをもらっています。

 最近の休日は,クルマを洗ったり写真の断捨離をしたりと家で過ごしてばかりでした。

 外出といっても図書館に行って読書くらいです。

 暖かくなったのでアウトドアもしたい。

 そう思って釣りに出かけました。

 ほんとに久しぶりです。

 川に行くか海に行くか考えたのですが,川に行くことにしました。

 どうしてもっていう理由はないんですが,新緑にさそわれてという感じです。

 それと今は田んぼに水を入れているので,水量が減るので釣りやすいというか川に近づきやすいというのもあります。

 天気もよくなったのでカブで出動です。

 ヤマツツジがきれいだろうと思ったら,終わってました。

 やっぱりゴールデンウィークがピークだったようです。

 もう少し早かったらきれいだったろうなあ。

 残念です。

 さて釣りですが,やぶがすごいことになっていました。

 やっぱり初夏ですね。

 普通の靴だったので,ヘビに出会わないことを祈りながら進みます。

 川に到着。

 流れは普通ですが,やっぱり水量は減っています。

 田んぼに水を入れる時期ですからね。

 田植えが終わったばかりのところがほとんどです。

 この土日にしたのでしょう。

 さて,いつものようにDrミノーを投げてトゥイッチです。

 小さい魚は見えたので獲物はいるはず。

 まあ,アブラハヤかもしれませんけど。

 しばらくやったのですが反応はありませんでした。

 う~ん。

 まだ水温は高くないはずなんだけどなあ。

 十分釣れる時期だと思うのだけど。

 もっと重いミノーやスプーンでも持ってくれば,淵をゆっくり引くこともできたかなと思ったのですが,今日はDrミノーだけです。

 まあ,水量が減っているので,深場らしい深場もないんですけど。

 あきらめかけていたら,へんな当たりが。

 流木でも引っかけたかと思ったら首振りです。

 魚だ。

 慎重に慎重に寄せます。

 泥のところに引き上げてみると,ヤマメでした。

 割と大きめ。

 30㎝はありませんけどね。

 いやあ釣れてよかった。

 写真を撮ったらすぐ放流です。

 頑張って冬に産卵して増えてください。

 天然ヤマメがこの先ずっと釣れる川でいてほしい。

 そう思いながら,泳いでいった川を見ていました。

 ヤマメはとっくに見えなくなっています。

 たった1匹だけですが,釣れてよかった。

 いい1日になりました。

 

 

自分を変えようとする人のための本

 新しいことを始めよう,何かに挑戦しよう。

 そう思うことはよくあります。

 そして続かずに止めてしまう。

 これもよくある話です。

 というか運動やダイエットで自分がよく経験していることです。

 今回は,そんな実行力にかかる本を読みました。

 「小さな習慣」という本です。

 内容について感想を交えながら述べていきます。

 題名から想像されるように,小さなことから始めることを推奨しています。

 多くの人は自分の実行力の過大評価しているといいます。

 自分に関していえば,当たっていますね。

 そして,小さな実行を習慣にしていく。

 ここが大切とのことです。

 やるかやらないかを決めるのは脳です。

 脳は変化を好みません。

 抵抗します。

 この脳の抵抗との戦いに勝たなくてはいけません。

 小さくとも勝利は勝利。

 だから,勝ちやすい,すなわち実行しやい目標を立てるのです。

 そして行動に移していく。

 行動を起こすためにモチベーションを高めるという方法があります。

 筆者はこれを高く評価しません。

 なぜなら,モチベーションは感情に基づくからです。

 感情は一時的,継続に向きません。

 だから信用できないのだそうです。

 なので,意志の力を行動するようにといいます。

 ところで,筆者は意志に使うエネルギーは有限と考えます。

 難しい決断は意志の力を低減させるのだそうです。

 そういう面からも簡単に行動できる小さな目標が大事なのです。

 小さな行動でも,繰り返す行動は感情の抵抗を低減させます。

 つまり,行動が習慣になっていく。

 この兆しを見逃さないことが大切と強調します。

 では,具体的にはどうするのか。

 まず,身に付けたい習慣をリストアップします。

 複数でもいいですが全部で四つ以内,そして10分以内で実行できるものにします。

 実行は100%です。

 しないはありません。

 だから,リストアップされたものは,ばかばかしいほど小さな行動にします。

 そして,なぜ行動するのかと問いかけ,自分に目標を意識させます。

 行動に移せない不安がある場合は,行動開始の合図を決めておくのもよいとのことです。

 行動したことの報酬プランを考えておくのもよいでしょう。

 スケジュールを確実にこなしていきます。

 成果を期待し過ぎないことも大切です。

 1日1回腕立て伏せをするという目標なのに,本当は30分ワークアウトしたい。

 こういう正直でない目標は続かないそうです。

 そしてとにかく習慣にする。

 習慣にすれば,すべては変わっていくとのことです。

 全体を読んでみて,誰でも取り組めそうなことを勧めているところがよいと思いました。

 また,心理学の成果も取り入れながら人間にとって習慣がどんなものかを深く理解している点もよいと思います。

 この本は,何かをしようとしている人の背中を押すのによい本だと思います。

 小さなことでも行動しなければ何も変わらないのですから。