ギスカブログ

 読書しながらスモールライフ「ギスカジカ」のブログ

【書評】吉川浩満、山本貴光「その悩み、エピクテトスなら、こう言うね」

1 本書の概要

哲学者の紹介本です。

エピクテトスとは、ギリシャの哲学者。

ストア派だそうです。

ストア派というのは、ゼノンが代表選手。

禁欲主義ともいわれるのだとか。

こういう人の哲学を紹介しています。

が、本書の一代特徴は、対話本だということです。

著者2人の対話で話が進みます。

まあ、ギリシャ哲学の本、プラトンソクラテス本とかは対話で記載されているので、その伝統を踏まえているといえばいえる。

いえるのですが、最初に結論をいうとこうです。

わかりにくい!

いや文体は読みやすいんですよ。

エピクテトスのね、思想がね、何なのかつかみにくい。

これ、啓蒙本として失敗しているでしょ。

そんな感じです。

2 権内と権外の区別

そんな中でも、少し分かったことがあります。

エピクテトスは、権内と権外を区別するということ。

権内は自分で自由にできること。

権外は自分の力が及ばないこと。

これを区別して、権内の問題に集中する。

権外の問題に患わされない。

こういう考えだったそうです。

エピクテトスさんは奴隷から哲学の教師に昇りつめた方らしく、奴隷に自由にできることは多くないからそういう考えに至ったんじゃないかと、筆者は語り合っています。

まあ、真実は時間の彼方なわけでして、思想の源泉はどうでもよろしい。

心の平穏を保つには大切なことだと思います。

どっちが最初か、影響があったのかはは分かりませんが、アドラーの課題の分離に似ていますね。

ということは、同じ批判もあるわですね。

この点には、著者はふれませんでしたけど。

しかし、その課題は考えるに値するかということは大事な問いだと思います。

3 禁欲とは

ストア学派というのは禁欲主義といわれます。

ストイックという用語も語源を同じくしているのだとか。

ですが、欲を完全に禁じているわけではないらしいのです。

仏教とキリスト教と比較しながら、筆者は説明をします。

仏教は、欲をなくす。

欲を滅してしまえば、迷いや悩みはなくなる。

そういう考えです。

キリスト教は、欲を禁じる。

罪を生じさせる7つの欲望。

それを禁じる。

しかしストア学派はそうではないとのこと。

欲をコントロールする。

これがストア学派の考えなのだそうです。

まあ、きれいに並べて図式化しているような気もするのですが、じゃあコントロールって具体的に禁じることや滅することとどう違うの?

同じような行動なのに、言葉を換えているだけじゃないの。

言葉遊び?

なんて思いましたが、そこはこの本ではわかりません。

著者たちは、禁欲ってイメージを薄めたいんだなあとは思いましたけど。

4 総評

★★☆☆☆

2つです。

エピクテトスに魅力を感じませんでした。

そういう意味で啓蒙本としてはどうかと思います。

多くの偉人に影響を与え、現代でも通用する思想。

なのでしょうが、正直その思想の中身がよくわからない。

著者が心酔していることは分かるんですけど。

対話形式も効果的なのかどうなのか。

プラトンぽくもっと理屈じみた対話の方がよかったかもしれません。

他の著書にあたろうという気持ちは起きませんでした。

【書評】草薙厚子「子どもを育てられない親たち」

1 本書の概要

児童虐待のお話でした。

児童相談所の仕事を紹介するという面もあります。

感情を抜きにしていうと、子供を育てられないというか他人の面倒はおろか自分の面倒をみれない人間って、昔から一定数います。

割合が少ないのが救いですけど。

それではかわいそうっていうので、現代社会では救済措置がとられているというわけです。

そのお話なんで、社会というか人間の暗部を見せられることになりました。

2 親権と家庭教育

遺伝か環境か。

なんて発達心理学の神学論争に入ることはしませんけど、人間の成長にこの2つはとても大事です。

で、虐待家庭なんですけど、まあ環境が最悪なんですね。

シングルマザーが再婚して養父に虐待、なんて典型例だけじゃなくて、実夫もろくなことをしてない場合があるんですよ。

つまり、人の世話なんてできない人たちなんです。

こんな人たちでも、クレイマーにだけは慣れるようで、学校とか児相とかにはまあクレームを入れまくり。

結局、クレームに負けて子供を家庭に戻し悲劇へ。

そんな感じです。

親権って強いですからね。

虐待防止法が成立したからといって、親が負けるとは限らないし。

事実認定が家庭内だから難しいのもあります。

家庭の教育方針。

この一言まだ力をもってますからね。

それと、日本社会は基本ことなかれ主義なので、クレームは収まればいいってのがあります。

不当でも何でも収まればいい。

ほんとです。

民間ならお金でしょうけど、学校とか児相では、要求を飲めばいいとなります。

子供の命にかかわったから問題になってますけど、これ子供が生き残っていて硬派な対応をした職員がいたらどうなっていたと思いますか。

日本では、まずまちがいなくその職員は行政処分をくらいます。

それが日本社会です。

3 発達障害

最近、一般にも知られてきた発達障害

境界知能なんて用語も報道で用いられることが増えました。

発達障害って、そんな新しいものじゃないです。

正規分布図って習ったでしょ。

知的に低位の人と分布でつながっていますね。

だから途中の人もそりゃあいます。

で、知的はまだいいんですよ。

問題は感情。

つまり情緒が…何というか分布の端の人や、端につながる人がいるわけですよ。

最頻値(最もたくさん集まっているところ、つまり大勢の人がいる普通のところ)から遠く離れた情緒を持つ人もいるわけです。

まあ、人の世話はできないですね。

それで知能が人並みだったりするから面倒くさくなるんですけど。

で、虐待する人にはこういう人が割と多いとのこと。

そりゃそうでしょうとは思いますが、発達障害は病気じゃないので治療はできないんですね。

療育あるのみです。

本人が同意しないとできないものですが。

大人の療育は、正直難しいでしょう。

自称ASDADHDは、よく調べるといいです。

障害と自己憐憫はちがいます。

4 総評

★★★☆☆

3つです。

こういう本は、少々露悪的なところがありますし、知っている人からしたら常識なんですけど、一般に知らせるにはいいと思います。

個々の人間でみれば、子供たちがかわいそうでかわいそうで仕方がないんです。

ですが、人間社会というところでみれば一定数こういう人が現れるのは仕方ないというか。

それでも教育でずいぶん減ってきているとは思います。

でも、ゼロにはならないでしょうし。

児童養護施設や里親さんなど、かわいそうな子供たちに関わっている人には頭が下がる思いです。

本当は本だけじゃなくて、地域に児童養護施設があったら年に何回かあるだろう開放日に訪問してみるのがいいと思います。

現実をちゃんと知らないのに意見とかいう人が多くなった世の中だけに。

【書評】たぱぞう「たぱぞう式米国個別株投資」

1 本書の概要

はてなブログで投資関係を書いているたぱぞうさんの投資本です。

たぱぞうさんは、米国株投資の本をたくさん出してますが、これは個別株をテーマにしています。

どっちかというと、投資信託とかETFとかを薦めているイメージがあったので、意外でした。

投資信託との違いをどう説明しているかも気になりますね。

2 個別株投資とは

個別株には爆発力がある。

そういう利点をたぱぞうさんは話します。

投資信託は時間を味方にして、5%を複利で回していく。

着実に資産を増やす確率は高いのですが、とにもかくにも時間がかかる。

短期間で資産をつくるなら個別株。

そういう説明をされます。

まあ、そうなんでしょうね。

ただですよ。

成長しきった大企業の株は爆発的に伸びません。

おじいちゃん企業の株は、どちらかといえば高配当株になりがちです。

よい点は、事業が安定しているのでつぶれる、株券が紙くずになる、ということは少ないでしょう。

なので、これから成長する会社を見つけなければいけません。

分かるか?

これが要点。

投資しても無駄になる可能性があります。

まあ、どこまでリスクを負うかという問題ではありますが、

業界分析とか会社の諸表を読み解くとかそういう能力が必要になりますね。

3 たぱぞうさんが薦める45銘柄

どれ買っていいか分からない。

そういう人に対して、本書は親切です。

なぜなら、たぱぞうさんが薦める米国株45銘柄が載っているのです。

いいですね。

正に初心者向け。

なんですけど、これ書籍ですから情報が古くなりますよね。

誰もが知ってる大企業ならまあ損はしないでしょうけど、成長もそこそこ。

成長盛りの企業は、どうなるか分からず。

というわけで、45銘柄は企業について知るきっかけになるというか、企業の分析に観点を知るために読むというか、そういうための記事でしょう。

これで個別株に投資しようと思うくらいなら、おとなしく投資信託買っていた方がいいような気がします。

4 総評

★★★☆☆

3つかなあ。

たぱぞうさんの本は分かりやすくて好きなんですけど、個別株投資は初心者向けではないし、個別株投資をやりたいという人のきっかけとしてはいいのですがねえ。

本書のコンセプトがどうも腑に落ちないというか。

リターンだけじゃなくリスクも強めに伝えるべきだと思うのですね。

まあ、リスクもある程度は書いてあるのですが。

個別株は株価高騰ねらいよりも高配当とかそういうので買って、徐々に詳しくなっていく方が現実的なんじゃないかと思います。

入門書としてはいいと思いますけど。

【書評】岡真理「ガザとは何か」

1 本書の概要

パレスチナガザ地区を解説した本です。

日本で読めるパレスチナ問題の本は、イスラエルとアラブを公平に扱おうとしたものが大半です。

日本の同盟国であるアメリカが支援しているイスラエルよりの本も多いくらいです。

どちらかというと、イスラムへの共感が少ないような感じもありますね。

そして、この問題は2000年の問題であり解決が難しい。

そういう論調が多いです。

本書は違っています。

思いっきりパレスチナよりです。

イスラエルを侵略者としてとらえている。

そういうスタンスです。

新鮮でしたね。

2 侵略者としてのイスラエル

イスラエルの建国には、ユダヤ人の悲劇がつきまといます。

ナチスの収容所とガス室

人権が極限までなくなった状態。

そして「アンネの日記

そういう「ナラティブ」がユダヤ人に固有の国を持たせる必然性を感じさせるのです。

しかし、約束の地カナンにはすでに人が住んでいます。

そもそも、アブラハムに神が約束した時も人が住んでいました。

聖書には、それらの人々を滅ぼし尽くさなければならないと書いてあります。

つまりは、この興国運動には、そもそもの始めからそういう思想があったんですね。

ユダヤの神は唯一神ですけれど、他民族の神ではありません。

パレスチア人にとって、不幸なナラティブが始まったのです。

3 ガザの現状

イスラエルのガザやヨルダン川西岸に対する政策は一貫しています。

嫌がらせをして、土地から出て行くようにする。

これに尽きます。

だから壁をつくり、イスラエルに入る際には不必要な手続きで時間をかけ、必要な物資の移動は最小限、アラブに害する人々にはお目こぼしをする。

そんな感じです。

パレスチナの人々が自爆テロをするのは、そういう現状にあきらめた上でのことという側面があるのだとか。

パレスチナの人々にとっては、災難でしかない。

2000年も前のことなんて知らない。

ユダヤに悲劇は、ドイツが引き受ければいい。

イギリスはウソつきだ。

そう思っても仕方がないでしょう。

そしてガザですが、これは大きな監獄のようです。

少なくとも本書を読む限りにおいては。

最低限の流通を残して、イスラエルはここを封鎖しています。

なので下水道等のインフラは最低の状況らしいです。

海にもイスラエルの軍艦が浮いているので漁も満足にできない。

とにかくここから出て行けという感じの政策です。

4 筆者の主張と「総評」

筆者の主張は、ガザの現状を世間に知らせるということです。

この悲惨な状況を理解してほしいということ。

米国のユダヤ人でさえもイスラエルのやり方を非難している。

米国の大学生の行動の背景にはこういうことがある。

そういうことを日本ではあまりにも知られていない。

まず、知ってほしい。

そういうことです。

それを踏まえての総評ですが、こうなります。

★★★★

4つです。

読み価値ありです。

そして、「ナラティブ」という視点で読むと、どちらもナラティブにとらわれた人間の悲劇と見えるのです。

確かに、本書を読む限りどう考えてもイスラエルはやり過ぎです。

ここまでの「ガザ」の事実をわたしは知りませんでした。

しかし、もしかするとイスラエルの事実もあるのかもしれない。

そういう読後感をもちました。

本書は緊急で出版したのかもしれませんが、少し情報が足りない。

そういう判断保留の考えがもたげる1冊ではあるのですが、「ガザ」の事実を知るにはいい本です。

やはり価値ある1冊だと思います。

 

 

 

【書評】大治朋子「人を動かすナラティブ」

1 本書の概要

動機についての心理学的考察を述べた本です。

著者は新聞記者。

テロリスト等の動機について、最新の心理学・脳科学的な知見を紹介しています。

なので、本来心理学書のジャンルになるのでしょうけど、ジャーナリスティックな書きぶりなので、一種の科学解説本のようになってます。

取り上げる事件がパレスチナだったり安倍元総理銃撃事件だったりなので、現代社会の病理的な側面も表しています。

キー・ワードは「ナラティブ」。

物語という意味です。

とはいっても小説のようにかっちりしたものだけではありません。

時系列に沿って展開するお話的なもの。

そんな感じです。

このナラティブが人を突き動かす力を持つ。

これが本書で主張されていることです。

2 脳は無秩序に耐えられない

人間の脳は、無秩序に耐えられません。

多くの心理学研究がそのことを示しています。

どんな無秩序なことにも整合性を見出そうとします。

枯れ木を幽霊と見るなんてこの典型です。

人間は意味がないものは放置できないのです。

ありのままに物事を受け取る。

そんなことをいう哲学者や宗教家はいますが、できない相談です。

考えるな、感じろ。

ブルース・リーでしたっけか。

ウィトゲンシュタインも似たようなこといってましたっけ。

意味を見出そうとするのは、脳の主要機能なんでしょう。

もちろん問題は、その意味が妥当化です。

3 ナラティブという概念

物語という意味のナラティブ。

ストーリーのような緻密な展開を持たなくともいいようです。

なのでお話というか「いわく」ぐらいのものも含まれるようです。

これは、情報に意味をつけていくということでしょう。

そして大事なのは、人に信じこませる力をもつというところですね。

自爆テロリストには、自分の命よりも大切な信念がある。

その信念がナラティブだったりするわけです。

人を突き動かすに足る価値を提供する。

そういうものになるのだそうです。

こういうのって、人間社会のそこらじゅうにあるような気がします。

宗教的な行動、特に自分には不利益は行動はたいていそうですし、不可解な消費行動もそう。

一時的な流行だってそうでしょう。

すごく広くとらえると○○しなくちゃならないなんていうのもナラティブだったりしないでしょうか。

ナラティブって自分で見出したりするだけじゃなくて、人に与えられたりすることもあります。

そして大切なのでは、それを信じるってところです。

おそらくは、ナラティブに安心感を覚えるのでしょうね。

意味不明のもの、具体的に固定されていない変数のようなもの。

そういうものに人は安心を感じられないのです。

不定のものに削く脳のリソースがもったいない、というか脳のエネルギーを消費したくないというか。

そういう生理的な背景もありそうな気がします。

わたしたちの脳は、世界をあるがままに受け取るだけの容量がないんです。

ナラティブは、整理し落ち着くための機能でもある。

そして、一番分かりやすい意味づけが、時間に沿った物語なのでしょう。

4 総評

★★★★

4つです。

おもしろかったですし、人間の本質をとらえています。

現在、研究中の事柄でもあるのでしょうが、もう少し理論と実例を精緻に対応したらよかったと思いました。

まあ、機能は機能なので、そこによいも悪いもありません。

それをどう使うかが大切です。

なので、ナラティブという機能、というか人間ってそういうものという理解を踏まえて、自分がどんなナラティブに動かされているかを自覚することが大切でしょう。

ナラティブを使った人に利用されないことが、なにより大事

自己コントロールの手法として、必要な知識だと思いました。

【書評】牧壮、増田由紀「老いてこそ、スマホ」

1 本書の概要

高齢者にスマホを勧める本です。

タイトルそのまんまの本で、ひねりも何にもありません。

著者は、高齢者向けスマホ教室の講師もしているそうです。

高齢者は新しいものに慣れるのが大変。

今までの生活様式を守ることが楽。

そんな高齢者にこそスマホが役立つ。

そういう主張で一貫しています。

スマホへの不安を取り除く解説もそこかしこに。

と、カルチャースクールのテキストみたいな本なのでした。

2 入門書の価値

何でこの本を手に取ったかというと、わたしは初心者向け入門書を読むのが好きなんですね。

釣りとかギターとかウクレレとか、自分はもう詳しくなっているジャンルのものをです。

そもそも趣味関係のジャンルの本って、入門書が8割でして興味あるジャンルの本を手に取るとそういう本になるってのもあります。

しかし、自分が知らないこともさらって書いてあったりして有用だったりもするんです。

まあ、間違い解説もよく見つけますけどね。

それで、スマホはそんなに詳しくないけど、自分の知らない知識があったらいいなと思って手に取ったわけで。

結果どうだったかというと、ハズレ。

新しい知識はありませんでした。

いいなと思ったのは、IDとパスワードを記入するノートを用意するということ。

特にいいなと思ったのは、1ページに1IDとパスワードにするというところ。

分かりやすいと思いました。

パスワードは変更をけっこうするから1ページだと楽だろうな。

そう思ったくらいです。

後はねえ。

正直スマホはもはや家電なので、特殊技能なんていらないし。

画期的な使い方でもあればとは思いますけど。

なかったですね。

3 総評

★★☆☆☆

2つです。

あっという間に読めるので、ヒマつぶしにはいいかもしれません。

まあ自分は想定読者じゃなかったのかもしれません。

スマホって高性能でもやっぱり限界あるじゃないですか。

例えば、ブログ書くのもスマホでできなくはないけど、書きにくいし。

パソコンの方が絶対楽です。

そういうのも分かってスマホ勧めるんだったらいいんですけどね。

ギガが足りない年寄りっていうのも、頼もしいのか心配なのかも分からないし。

食わず嫌い対策本としては、有効だと思いますけどね。

 

 

【書評】安藤義人「モンゴルがいま熱い!」

1 本書の概要

海外不動産投資本です。

著者は、資産形成の相談を事業とする会社「ココザス」の代表です。

つまり会社として取り組んでいるモンゴルへの不動産投資を紹介する本。

こういうことです。

海外不動産なんてあやしい。

そう考えるのが、普通の感覚でしょう。

わたしもそうです。

しかし、本書はむやみやたらとモンゴル投資をすすめるという本ではありません。

リスクとリターンをきちんと話しています

そういう点から、「正直な」投資本だと感じました。

2 海外不動産のリスク

メリットの前にリスクを説明します。

こちらの方に、より興味あると思うからです。

まずは、法制度の違いです。

日本の土地建物は外国人が所有することに制限はありません。

だから外国もそうだろうと思う人は多いでしょう。

まったく違います。

外国人が所有できるのは区分マンションだけだったり、年数が限られていたりすることが多いのです。

特に社会主義国は要注意。

どれだけ資本主義を取り入れていようとも、国の根本は社会主義

私有財産は制限されます。

なので、土地建物は使用権を持つだけとなることが多いです。

しかも、年数も限られています。

こういうことを知らないと投資はできないものです。

ちなみにモンゴルも社会主義国家。

土地の保有権はモンゴル国民のみが持ち、外国人は保有する人から使用権を得ることができるのだそうです。

ちなみに保有権は土地だけで、建物は外国人でも保有できるのだとか。

このあたりになると、モンゴルの制度に詳しい代理店がいないと、投資は難しくなると思います。

次のリスクは為替です。

債券を思い出してください。

外貨だての債権ってけっこう種類があります。

ブラジルのレアル建てとか南アフリカランド建てとかインドルピー建てとか。

利回りもかなり高いです。

5~10%ぐらいでしょうか。

でもあんまり購入されません。

なぜか。

通貨が安くなりがちなんです、インフレで。

結果、10%の利子をもらっても円でもらうとたいして儲かってない。

こうなることがけっこう多いのです。

債券が不動産に変わっても、懸念は晴れません。

実物投資といっても外国だし、実用で使うことはまれ。

結局は権利の売買で、株や債券と変わらないことになるからです。

他には、不動産ならではの管理委託の問題もあります。

不動産は買ったままではなく、常に管理が必要です。

修繕や取り立てなどです。

その管理を誰に委託するのか。

その国の言語が自由に操れない場合、不安は一層高まることでしょう。

最後にもう一つ、銀行融資が受けられません。

不動産投資を自己資金だけでやる。

つまり、レバレッジが効かないということです。

3 海外不動産のメリット

それではメリットはどこにあるのでしょう。

まず高い利回りです。

日本の普通預金金利はないも同然です。

高くて0.3ぐらいだったでしょうか。

多くは0.02ぐらいです。

これではインフレに負けてしまう。

資産防衛のために投資を。

その一つとして、モンゴル不動産。

利回りは7%ぐらいだといいます。

そして、住宅価格も上がっているそうで、売却益も見込める。

もってよし、売ってよしというわけですね。

少子高齢化の日本とは違い、これから人口増が見込める国。

なので不動産需要は固い。

そういう強みもあるとのことでした。

また、モンゴルの通貨トゥグルグは円に対して、変動幅が意外に少ないとのことです。

為替も途上国としては安定しているとのことでした。

ちなみに米ドル建ての定期預金や円建ての定期預金を用意している銀行もあるそうで、それぞれ5%前後の利子とのこと。

こちらも日本よりはるかに高いのでした。

4 総評

★★★★

4つです。

著者である安藤さんの人生は興味深いし、本書も誠実に丁寧に説明されています。

おそらくモンゴル不動産が「詐欺」的なものではないことは確かでしょう。

本書は他国の不動産も解説していて、モンゴル不動産がそれと比較できるようにもなっています

公平な感じがするのですね。

とはいえ、やっぱりリスクも多くあるので、みなさんよく考えて投資しましょうという結論になると思います。

安藤さんの動画「資産形成チャンネル」見てれば本書は読まなくてもいい、とはならず読むべき価値のある本です。

では、5つじゃないのはなぜか。

動画での相方「細川さん」的なおもしろさがなかったからです。

なんというか、本書を読み物として見たときのおもしろさというか。

そういうものです。

しかし、それはないものねだりかな。

海外不動産投資の第一歩として、本書はお薦めできる1冊です。