ギスカブログ

釣り・読書・ウクレレ「ギスカジカ」のブログ

MENU

ベイトリールを防波堤で使わないわけ

ベイトキャスティングリールはとてもかっこいい。

おそらく男性なら賛同者がいっぱいいるはずです。

何につけても性区別をするのはよくありませんけど、機械系小物が好きな男性は多いはずです。

スピニングリールに比べるとコンパクトにまとまっているし、精密感もある。

巻き上げる力も強い。

そして、キャストにややテクニックがいる。

つまり玄人好み。

こういう理由で、ベイトリールを好む人は多いはずです。

私もその一人。

思い出込みでいうと富士リールが一番好きなんですが、ベイトリールはやっぱりかっこいい。

なのに、私はメインフィールドである防波堤では使いません。

それには理由があるのです。

ベイトリールには、道具として決定的な弱点があるのです。

それは錆びやすいこと。

そんなのスピニングも同じでしょ。

そういう人は実釣をあまりしていないか、釣りの後にリールの整備をしていないかのどちらかです。

構造上、ベイトリールは潮水に弱いんです。

どこがだよ。

というもっともな疑問があることでしょう。

それは、キャストする時にスプールが回るところにあるんです。

キャストすると高速でスプールが回ります。

乾燥している冬によく分かるんですが、その時スプールの周囲が霧吹きでスプレーしたみたいになります。

巻いている糸についた水が遠心力で飛ばされるんです。

それも霧状に。

これが非常にやっかいなんです。

糸が水を拾ってくるのを防ぐことはできません。

そして、スプールが回転することを防ぐこともできません。

その結果、必ず(必ずですよ)リールの周りに霧状の水滴が飛びます。

ベイトリールは、スプールが回転する構造上、どうしたってスプールとボディの間にすき間ができます。

世界のシマノの技術をもって、何百分の1mmの精度したとしても、すき間は空きます。

そこに霧状の水分は入り込みます。

一度のキャストならたいした量は入りません。

しかし、ルアー・フィッシングというのは、投げる・巻くの繰り返しです。

エサ釣りでは考えられないくらいキャストします。

結果、リールにしては相当の量の水分が水滴状で内部に入り込むのです。

これが錆びの原因です。

淡水なら、まあ問題にならないのですが、海水はダメです。

村田基さんが、バケツにリールを突っ込んで洗っていましたけど、確かにそうしたくなるくらい潮水が入ります。

また、釣行ごとに分解洗浄をする釣り人もいます。

ホント、そのくらいしたくなるくらい潮水が入ります。

で、自分はそこまでの整備ができないんですね。

特に最近の高性能リールは、素人が分解すると組み立てられなくなるくらい複雑です。

ストリーム・ライトくらい単純なら私にもできるのですが。

こういう後処理のことを考えると、ベイトリールを敢えて海で使う、という選択肢が消えるのです。

じゃあ、ストリーム・ライトでやればいいじゃないか、という意見もあるでしょう。

70年代以前に設計されたリールは、使われている素材がマジかっていうくらい錆びに弱いので、絶対にだめです。

グリスでギトギトにしても安心できません。

大事にしたいのなら、使わないのが一番です。

巻き抵抗の大きいルアー、スピナベとか大きめのディープクランクとかは海じゃ使わないので、スピニングでも問題ありません。

投げない釣りなら、穴釣りとかヘチ釣りとか、使ってもいいのですが、それなら富士リールでいいやってことになります。

もっとテクノロジーが進んで、錆びない素材のリールができたらいいなとは思います。

難しいでしょうけど。

そうそう、バスポンドの松井さんが、カヤック・シーバスを少しだけしたことがありました。

すぐにやめたんです。

確か理由は、リールが錆びるからでした。

ダイレクトリールや五十鈴工業製リールが錆びに強いわけありませんものね。

というわけで、私のベイトリールは、すべて淡水専用になっています。

かっこはよくないけど、スピニングリールでできないことなんてありませんものね。

私の防波堤の釣りでは。