ギスカブログ

釣り・読書・ウクレレ「ギスカジカ」のブログ

MENU

震度6強で震災を思い出した

 昨日,震度6強の地震がありました。
 揺れたし長かったですね。
 でも11年前の地震,3.11の方じゃなくて3.13の余震の方が大きく縦に揺れて建物が壊れました。
 昨日の地震は横揺れだったので,建物被害は少なかったと思います。
 でも,地震って嫌ですね。
 どうしても東日本大震災を思い出します。
 今回は,その思い出をほんの少し話します。

1 帰り

 大震災の日は金曜日でした。
 朝の出勤時にガソリンが少なかったことに気づいていたのですが,帰りに入れればいいやと考えて出勤しました。
 次の日休みだからゆっくり帰れると思ってたんですね。
 ミスです。
 これが後に引きます。
 さて,震災当日の夜,おそらく8時ごろだったと思います。
 同僚が帰宅するというので上司に呼ばれました。
 裏道が分からないので先導しながら帰ってほしいとのこと。
 おいおい,同僚は年上です。
 何年住んでんだよと,心の中でつっこみます。
 まあ,その同僚の家は,帰り道の途中です。
 ガソリンが少ないので,回り道はしたくありませんでしたが,困っているようなので承知しました。
 分かれ道まで先導し,先に行かせてからクルマを止めました。
 というか消防団に止められました。
 通行止めとのこと。
 まあ仕方ありません。
 ここでガソリンがあれば,大きく回り道をして帰ったのですが,ありません。
 仕方ないので,路肩にクルマを止め,クルマの中で寝ました。
 いや,ベンチコートを着てシートを倒して横になっただけです。
 寒くて寝られませんでした。
 ガソリンは惜しかったけれど,何度かエンジンをかけて暖まりました。
 この時,勤め先に戻ればよかったのだと思います。
 しかし,やっぱり明日は土曜日。
 自宅で休みたかったのです。

2 朝

 早くに目が覚めました。
 とはいっても6時頃だったと思います。
 朝のゆるい光で起こされたのです。
 私は,クルマから出て,道なり歩きました。
 道は海岸の方に向かっています。
 そこで,なぜ昨夜止められたのかが分かりました。
 止められた先は,道どころか町がなくなっていました。
 道が家やその他の材木でふさがれています。
 目に入る建物,人工物がすべてこなごなでした。
 爆撃を受けた後みたいだ。
 爆心地ってこんな感じなのかな。
 そんなことが頭に浮かびました。
 クルマは無理です。
 クルマをおいて最低限の荷物をもって歩いて帰ることにしました。
 自宅まで10数キロありましたけど。
 国道のアスファルトが剥がされていました。
 アスファルトってきれいに剥がれることあるんですね。
 道の脇にあったであろう家は,基礎が残っているくらい。
 庭木が残っていたりして,強さってなんだろうと考えさせられます。
 二階が流されて,あっちこっちにありました。
 もちろん道の真上にも。
 だいたい,一階はこなごなに壊されてがれきになってしまったようです。
 二階は水にふせたお椀のように流されたんですね。
 スーパーとかコンビニとか,そんな建物は,骨組みが残って壁は抜かれていました。
 電柱が倒れて電線に絡まって,それにゴミも絡まってとなっているところが多く,道をふさいでじゃまでした。
 ほんと電線他をくぐり抜けて歩くのはたいへんでした。
 道すがら朝会った人は,妙に明るかったですね。
 どこ行くの?と聞かれ,ずいぶん遠い自宅町名をいうと頑張ってねとのこと。
 普通なら驚くのでしょうけど,もう当たり前の感覚だったようです。
 これオレの家,去年建てたばかり。
 そう明るく言う方もいました。
 返す言葉がありません。
 ご愁傷様ですとか,そうですかとか,たいへんでしたねとかは言えませんね。
 相手の心情が分からなすぎて。

3 今,思うと

 震災から数日は,被災地の人はみんな語る価値のある体験をしたと思います。
 私の体験も,いつかはまとめて話したいと思いますが,長くなるので今回はこのくらいにします。
 今思うと,あの時,地震津波があったことは分かってましたが,ほんとうに何が起きているかは把握できていなかったと思います。
 津波そのものも見ていませんし。
 ただ,今もあの経験から学んだ教訓があります。
 あわてない。
 これです。
 昨日もあわてて何かすることはありませんでした。
 災害の時は,冷静さに救われることが多いのです。