ギスカブログ

釣り・読書・ウクレレ「ギスカジカ」のブログ

MENU

タイヤローテーション

先週末から、タイヤが鳴るようになりました。

クルマのタイヤです。

段差を乗り越えた際にキュッという音が出るのでした。

タイヤを見てみると、後輪の外側が減っているようです。

これが原因かなあ。

7月に車検を受けたばかりです。

タイヤの消耗について報告はありませんでした。

タイヤのスリップサインを見てみると、まだ出ていません。

ギリギリセーフという感じだったのでしょうか。

あと2か月で冬タイヤに交換です。

それまではこのタイヤを持たせようと思いました。

前輪を見ると、こちらは全然減っていません。

まだまだ大丈夫です。

というわけで、交換方針は前後交換です。

今日は日曜日、快晴。

午前中にすることにしました。

冬タイヤとの違いは、前輪と後輪を入れ替えるため、もう一個タイヤが必要なことです。

どゆこと?

という方に説明しますと、つまりですね、車載のジャッキしかもっていないので、入れ替える際に、抜いたタイヤのところを何かで支えないといけないわけです。

ジャッキがもう一つあればいいのですが、私の車の簡易ジャッキの付け方がちょっと特殊なので、余っているジャッキは使えないのです。

で、クルマについている予備タイヤを外して使うことにしました。

今どき珍しいでしょ。

まあ、SUV型だからですね。

で、背面にあるタイヤ外したら、汚れはすごいわ金具はさびてるわでもう幻滅。

急遽、サビ落としを決行。

時間がかかります。

ちなみにサビ落としは、見えないところなので、サビ転換材を使用しました。

黒サビばんざい。

まあ、車検が過ぎて4年目突入のマイカーですが、やっぱり年数相応にやれてきてますね。

クルマ持ち始めた80年代は4年くらいで買い換えが普通でした。

4年でフルモデルチェンジでしたので。

その年代は、そのくらいが寿命だったんです。

ノーメンテで乗るにはね。

ちゃんと整備すれば、もちろんいつまでも乗れたと思いますけど。

まあセールストークにだまされていたのかもしれません。

さて、前後交換は予備タイヤを使えばするする作業が進みます。

この辺りは、冬タイヤ交換で慣れているのもあります。

で、予備タイヤはまだ新品同様の溝なんです。

これを交換ローテーションに入れようかと思ったのですが、ホイールが鉄チンなんですね。

いや鉄チン好きなんですけど、1個だけデザイン違うの入れるのはちょっとね。

ここらがコストダウンなんだよなあ。

タイヤカバーがついているわけが分かりました。

ちゃんとしたホイールならカバーいらないですもの。

というわけでなんやかんやで2時間弱かかりました。

私としては、このクルマが人生最後のクルマと思っています。

ダメになったらもうなしでいこうと思ってます。

カブがあるから近所はそれでもいいですし。

遠くは長距離バスかなあ。

それでいいと思ってます。

クルマ、荷物運ぶには便利ですけどね、雨にも強いし。

さて、タイヤの鳴りがおさまっているかどうか、近所ドライブに行ってきます。

 

行って来ました。

問題なし。

冬までこのタイヤで走ります。