ギスカブログ

釣り・読書・ウクレレ「ギスカジカ」のブログ

MENU

初釣りはボウズ

 曇り空の朝です。風はなし。
 釣り向きの天候なので,初釣りに行ってきました。
 結果はボウズ。一匹も釣れませんでした。
 やれやれ。
 今年は釣れない一年になりそうです。
 やったのは渓流釣り。ミノーでのルアー釣りです。
 水量は予想どおり多かったですが,釣りができないくらいではありません。
 遠くから見ると小魚が泳いでいます。
 おそらくはアブラハヤだと思います。
 ヤマメだったらいいけど,あんな無警戒じゃないでしょうし。
 いよいよキャスト。
 上流に向けてキャスト,流れに負けないようにトゥイッチしながら巻きます。
 予想どおりですが,流れが速いのでルアーが沈みません。
 まあ,釣りができないほどではないので,水面に飛び出さないように操ります。
 う~ん。
 まったく反応なし。
 小魚も見えなくなりました。
 場所を変えてキャスト。
 何度投げても反応なし。
 う~ん。
 テンカラでもすればまた違ったかもしれませんが,ミノーは今日ダメでした。
 後,失敗したのがロッド選び。
 春は葉っぱもないし,雑草もないし,何より蜘蛛の巣がないので,ショート・ロッドを選びました。
 しかも3フィート8インチの超ショート・ロッド。
 1m12cmぐらいかなあ。
 まあ,キャストはしやすいしコントロールもつけやすいロッドです。
 そして今回は関係ないのですが,藪こぎも楽です。
 それで大丈夫だと思ったのですが,予想外だったのが足下に枯れ草が多かったこと。
 最後のルアー回収で枯れ草に引っかかるのでした。
 けっこうストレス。
 もう3~40cm長かったらよかったなあ。
 これはやっぱり夏の藪こぎスペシャルでしたね。
 川の様子で気になったことがありました。
 まあ,治水のためなんでしょうけど,中流の河原をブルでならしたようでした。
 水は問題なく流れるんですが,淵もなければ大石もなし。
 魚が隠れるところがありません。
 ここ夏にアユがついていたんですけど。
 治水も大事ですが環境保全はどうなんでしょうね。
 まあ,大雨が降れば元に戻るんでしょうけど。
 釣り人にとってはもやもやな感じです。
 リールのカーディナルは,久々に使いましたけど好調でした。
 渓流では使い易いですね。
 ラチェット音は川の水音で気になりませんし。
 フェザリングのしやすさがあるので,キャストミス後の修正も楽です。
 この場面で使うにはいいリールなんですよね。
 遠投とかドラグ勝負とか,糸ヨレ軽減とかを考えると他のリールになっちゃうのですけど。
 引退は先になりそうです。
 さて,次は防波堤にしたいと思います。
 いつになるかは分かりませんが,たぶんボウズはないでしょうし。
 ただ,今日のような大雨の後は渋いんですけどね。