ギスカブログ

釣り・読書・ウクレレ「ギスカジカ」のブログ

MENU

慣れない職場

 以前書いたように転勤で新しい職場に変わりました。
 前の職場よりは小さなところです。
 業務内容や立場は前と変わりません。
 ようやく1週間過ぎたのですが,まだ慣れない感じです。
 仕事というものは,どこに行っても結局人づき合いをしながらするので,新しい方々とやりとりを日々行ってきました。
 まだ,相手も私に遠慮しているようなのですが,なんとなく仕事がしずらい感じです。
 仕方ないですね。
 慣行というかこれまでのやり方というか,そういう部分に則ってしないと,同僚に負担をかけることになります。
 なので,自分はその方法に慣れていないし時間もかかるのですが,その職場のやり方であやっています。
 長い目で見れば,そうしていくことが効率的なのだと思っています。

 さて,人づきあいの心理学について学んでいるのですが,一つ勉強したことで生かしていることがあります。
 それは,虚勢をはらないことです。
 仕事ができる風なことは一切しないことにしています。
 かといってできない風にわざとしているわけでもありません。
 等身大でいこうと思っています。
 素直な自分でいこう。
 そんな感じです。
 このことで相手も私に対して素直にかかわってくるようになるのではないかと思っています。
 こう書くと意図的にやっているように聞こえますが,そうでもありません。
 年齢も年齢なので自分そのままを出す方が楽ということもあるのです。
 ですので,自分のミスや無知を隠すことはしなくなりました。
 仕事ができないやつと思われても,実際にできてなかったのだとしたら仕方がありません。
 できるようになるしかない。
 そう思っています。
 今の部署では,年齢が上の部下もいますし,年齢が下の上司もいます。
 今の時代,当たり前です。
 みんなそれぞれの役割をしっかりと果たしています。
 そういうところで競争しても仕方がありません。
 結果を出すのは,やるべきことをした人だけ,そう思っています。

 もう一つ人間関係の心理学で学んだことで実践していることがあります。
 相手に興味を持つということです。
 若い頃は自分と自分の仕事だけしか目に入っていませんでした。
 今考えれば,いいことではなかったと思います。
 相手に関心を持ってもらいたい。
 そんな風に強く思ってはいません。
 持ってくれたらいいなくらいです。
 でも,自分は相手に関心を持とうと思いました。
 そうすることで,少しはよりよい関係が築け,より過ごしやすい職場になるのではないか。
 このくらいの期待はしています。
 マインドフルネスではありませんが,相手を見て気づいたことを心の中で列挙してみるようにしています。
 そうすると,初見とは違った印象に変わるからおもしろいものです。
 休憩時間は少なく,業務連絡・確認以外の話はできていないのですが,理解を深めることでくだけた話もできるようになったらと思います。
 慣れない職場ですが,無理はしない範囲で頑張りながら慣れていけたらと思います。
 でも,明日と明後日は週休日。
 さすがに気疲れしていると思うので,ゆっくり休むことにしました。