ギスカブログ

心理学に興味津々「ギスカジカ」のブログ

MENU

「かちんむかッぐさッ」という本

 また,おもしろい題名の本を読みました。

 「かちんむかッぐさッ」です。

 誰かの言葉が自分に向かったときの様子ですね。

 マンガの擬音としてもよく使われています。

 題材としては,人間関係です。

 これを神智学的見地から述べた本でした。

 印象に残ったことを述べていきます。

 総じてになりますが,題名ほど突飛な内容ではありませんでした。

 カウンセラーとしての経験を踏まえて,人間関係について述べた本です。

 題名から考えると,わき起こった怒りをどうするのかについて述べているように思えますが,そんなことはありません。

 怒りのピークは6秒みたいな話もなしです。

 述べているのは,怒りを感じた事例とどうして怒りを感じたかです。

 怒りの原因帰属も大切なんですが,できれば起きてしまった怒りをどうするか,どうやって怒りを抑えて人間関係を良好にするかをたくさん述べてほしかったです。

 さて,どんなときに怒りがでやすいかですが,筆者はこのように述べていました。

 自分が安全地帯にいるときに怒りや意地悪を出せる。

 これはなるほどですね。

 怒ることで自分が不利になる場合,人間は怒りません。

 正確にいえば,怒りの感情は生じるのですが,それを表に出すことはありません。

 それが人間です。

 逆にいえば,安全地帯はどこにもないと思えば,怒りを表すことはないのです。

 これはネットで問題になっている「匿名性の悪意」の問題でもあります。

 「ばれなければ」という考えをもつと,人間性の悪い面が出ます。

 別な言葉でいうと,人間関係がからまなければということです。

 これはほんとうによくないと思います。

 さて,匿名でなくとも怒りを表す場合があります。

 それを筆者は,おもしろい表現で表しました。

 「アンパン人間」と「ドーナツ人間」です。

 意味はこんな感じです。

 アンパン人間とは,栄養たっぷりのあんこをたっぷり与えられた人間です。

 この場合のあんことは,親の愛情です。

 そしてそこから自立できないでいる人間もいて,他者に多く依存してしまうのだそうです。

 怒りの原因帰属が他者となってしまい,適切な人間関係が得られないのだとか。

 一方ドーナツ人間とは,まん中にあんこがない人間です。

 他人からの愛情がなくとも自立している人間,そんなイメージです。

 これだけ読むとよい感じがするのですが,問題がある場合があります。

 それは,せかされて早く自立を促された場合です。

 たっぷりの愛情を与えられず自立したために,愛情を与えなかったものや他のたっぷりの愛情を与えられたものを恨みがちになるのです。

 こうなると適切な人間関係が気づけなくなります。

 理想的には,アンパン人間からドーナツ人間にうまく成長すればいいのですが,そうそううまくはいきません。

 なので大事なことは,自分が甘えがちな人間なのか恨みがちな人間なのかを知り,自分で対策をしていくことだと思います。

 また,アンパンにしてもドーナツにしても,自分以外の誰かに怒りの原因を求め,自分は正しいと考えていることに注意が必要です。

 正義を持つと感じるとき,人間は相手に苛烈になります。

 やはり原因は自分にある,自分にもある程度ある,と考えることが大切と思います。

 本書は,様々なところで発表された文章を集めて作られたそうです。

 そのためか,後半に進むにつれて散漫な印象を受けました。

 もう少し怒りと人間関係の関係について詳しく述べていただけたらと思いました。

 とはいえ,怒りの感情について様々な観点から述べられているので興味深く読むことができました。

 読後,怒りを感じている自分を理解することが一番大切であると感じました。