ギスカブログ

釣り・読書・ウクレレ「ギスカジカ」のブログ

MENU

ヘラブナ釣りでこんな魚が!

 釣りで驚くことといえば,意外な獲物です。
 こんな魚が!と思うことが時々あります。
 今回は,そんな釣れて驚いた魚について話します。

 

1 ヘラブナ釣り

 一時期,ヘラブナ釣りにハマっていました。
 細いウキの先端を見つめて,水中を想像する。
 はたから見ていると,何もしてないようでしょう。
 でも,頭の中では釣るための作戦を休みなく考えています。
 そういう釣りが楽しかったのです。

f:id:gisukajika:20211019185718j:plain

2 初めての釣り場で

 ヘラブナはどこでも釣れるわけではありません。
 放流魚ですから,かつて魚を入れたところで釣れます。
 まずは釣り場探し,いろいろな情報を集めます。
 ネットが盛んではなかった時代,私には釣り雑誌が主な情報源でした。
 そこで見つけた釣り場にやって来ました。
 ヘラブナ釣りをしている人は誰もいません。
 ブラック・バスを狙っている釣り人がちらほらいます。
 嫌な予感。
 バスが多いとコイ以外はあまり釣れないんですね,経験上。
 でも,けっこう広い池だったので,分布に偏りがあるかもしれません。
 よさげな場所に竿をだしました。

3 魚を寄せる

 ヘラブナは寄せ餌をまきません。
 水質を悪化させるためなのか,まく人はいないと思います。
 変わりにエサを何度も入れて魚を寄せます。
 釣り始めは,水に溶けやすいエサを使います。
 ですが,私はめんどうくさかったので,食いエサのグルテンを最初から使っていました。
 なので,魚が集まるまで時間がかかりました。
 しばらくして,ウキが上下に動き出しました。
 大きな当たりはでません。
 時々,仕掛けを上げますがかかっていません。
 う~ん,モロコかなあ。
 魚が小さいと針にかからないのです。
 しばらく,そんなやりとりが続きました。
 思い切って,エサを大きめに付けました。
 すると。

4 ウナギが釣れた

 ウキが大きく上下に動きました。
 竿を上げると魚の手応えがあります。
 うーん,横に走らないのでフナではなさそう。
 大きめのモロコかなと思いながら上げると。
 仕掛けにグルグルからまっている魚がいました。
 小さいウナギだ。
 びっくりしました。
 ウナギってグルテン食べるんですね。
 仕掛けにからまってからまって,結局ハリスを交換しました。
 ヘラブナ針はかえしがないので外すのは簡単でしたけど。
 すぐに逃がしました。
 ほんと20cmぐらいの小さな魚でしたし。

5 ナマズが釣れた

 しばらくして,ウキがすっと沈みました。
 今度こそと竿を上げるといい手応えです。
 寄せてきて,魚の顔を見てまたびっくり。
 ヒゲがあります。
 といってもコイなんかよりもっと長いヒゲです。
 ナマズの子供でした。
 え~っ。
 ナマズってグルテン食べるの?
 確かにものの本には雑食とあるけど。
 スレじゃなくしっかり口にかかっているところを見ると,食べたんですね。
 しばらくながめて放しました。
 カメラもっていればよかったなあ。
 そんなことを思いました。

 結局3時間ぐらいねばって,ヘラブナは1匹だけでした。
 この池,ヘラブナいたんですね。
 本命が釣れたら意外に感じるくらいでした。
 ただ,少なさそうです。
 その後,その池では釣っていませんが,ある意味楽しい池でした。
 引っ越したので,残念ながらもう行くことはできません。