ギスカブログ

釣り・読書・ウクレレ「ギスカジカ」のブログ

MENU

ギタレレでウクレレ曲を

 ウクレレのソロ曲の楽譜に見なれない記号があります。
 LowGです。
 4弦が1オクターブ低い印らしい。
 知識として,4弦が低いウクレレがあることは知っていました。
 もしかすると,私のウクレレでは演奏不可。
 弾いてみると,やはり変です。
 それで,昔々手に入れた楽器を引っ張りだしました。

 

1 ギタレレとの出会い

 出してきたのはギタレレ。
 ヤマハの一風変わった楽器です。

f:id:gisukajika:20211029055404j:plain

 手に入れたのは,まだ平成一桁だったと思います。
 手頃に弾ける小さい楽器を探していた時期でした。
 そのころ,ウクレレと出会っていればと,今は思います。
 雑誌で,とても小さいギターを見つけました。
 それがギタレレでした。
 ギターを弾いていた私には魅力的でした。
 なるほど,これならどこにでも持って行ける。
 当時,まだあった近くの楽器屋で購入しました。
 1万円ぴったりだったと思います。
 ほぼ定価でした。

2 すぐにしまい込んだ

 買った直後はよく弾いていました。
 チューニングがちょうど4度高いのですが,気にせず元の曲のポジションで弾きました。
 まあ,歌わない限りは関係ないんですね。
 それで楽しんでいたんですが,だんだんナイロン弦に不自由を感じてきました。
 元々スティール弦で弾いていたのです。
 ナイロンだとチョーキング(ベンディングでしたっけ若い人には)ができないなど,少し演奏が変わってくるのです。
 クラシックが弾ければよかったのですが,そこまでの技能もありません。
 結局,しだいに弾かなくなり,しまい込むという意識はなかったのですが,収納の奥に行ってしまいました。
 結局,むだ遣いをしてしまったのです。
 あの時,ウクレレの魅力を知っていればなあ。
 ほんと,そう思います。

3 LowGウクレレとしてのギタレレ

 ギタレレは,1~4弦だけ使えばウクレレのLowGと同じはずです。
 弾いてみると,確かに音は合っていました。
 よかった。
 LowG用のウクレレを買ったり,4弦だけLowGに張り替えたりしなくてすみました。
 ウクレレよりボディが大きいので,音もゆったりと広がる感じがします。
 よかったのですが,弾いているうちに気になりだしたことがあります。
 ヘッドが重い。
 まあ,2巻き余計についてますから。
 5弦と6弦がじゃま。
 ふれて音を出してしまうんですね。
 そもそもウクレレじゃないので,このあたりは我慢です。
 あと,気になったことではないのですが,ネックが太いですね。
 これはギタレレが,クラシックギターをモデルにしているので仕方ありません。
 ただ,私はネックは太い方が好みです。
 総じて,LowGウクレレとしても使えるけど,専用品にはかなわないといった感じです。

4 最後に

 少し練習してから,いつものケリーに持ち替えました。
 今はこちらの方がいいですね。
 コードカッティングもできるし。
 ギタレレは6弦あるので5・6弦をミュートするか,ギター風のコードを押さえるかしないとカッティングができないのです。
 LowGのソロ曲の時だけ,使っていくことにしました。
 まあ,断捨離を進めていることもあって,新しい楽器を購入したくないのもあります。
 でも,弾いていて感心したことがありました。
 ヤマハって作りがいいですね。
 インドネシア産だけど,要点が押さえられている気がします。
 ヤマハウクレレ作らないのかなあ。