ギスカブログ

心理学に興味津々「ギスカジカ」のブログ

MENU

カーディナル33というリール

 カーディナル33というリールがあります。
 主に渓流釣りで使っています。
 今では好きなリールですが,愛憎半ばという感じでした。
 この面倒くさいリールについて話します。

 

1 カーディナル33との出会い

 このリールを知ったのは90年代前半だと思います。
 ある雑誌の「ウグイ将軍」なる記事で,将軍がこのリールを使いニゴイを釣っていました。
 リアドラグの小さいリールでした。
 とてもかっこよく見えました。
 なんと,近くのホームセンターで売っていました。
 値段は,驚きの20,000円!
 すぐに出せる金額ではありません。
 数週間悩んだことが思い出されます。
 結局,購入しました。
 チリチリとなるラチェット音は,釣り場では恥ずかしいだろうと思いましたが,その時は気に入りました。
 基本,富士リール使いはラチェット音に弱いのです。
 さっそく釣り場に持って行くと…。

2 カーディナル33封印

 その日は,1時間以内に釣りを切り上げました。
 釣りにならん!
 それがこの時の結論です。
 問題はこの2つです。

1 糸がらみが激しい

 仕掛けを投げると,なんと糸がかたまりのままスプールから出ました。
 よれた糸ですから,当然からまります。
 それをほどくのに長い時間がかかりました。
 きっちり巻ければ,大丈夫かな。
 そう考えて,巻くときにフェザーリング(糸に指を当てて抵抗を増やす)こともしました。
 少しはよくなったのですが,根本的には解決をしません。
 理由は,スプールを見れば明らかでした。
 均等に巻けていないのです。
 手前に多く,先に少なく巻けています。
 通称「プリン巻き」というそうです。
 後に知りました。
 これでは,糸がまとまって出るはずです。

2 ベールのネジがゆるみやすい

 カーディナル33はベールを手で戻すことができません。
 ベールとは糸を引っかけて巻き取るラインローラーなどがついてる針金の部分です。
 多くのリールは,手で自由に動かせます。
 このリールも,手でおこして投げられる状態にはできます。
 しかし,手で元に戻すことはできません。
 糸を巻くハンドルを回すことでベールが戻るのです。
 この設計自体に問題はありません。
 着水後,すぐに糸を巻き取りたい時にはとても有効です。
 問題はそこではないのです。
 このベールを固定するネジがゆるみやすいのです。
 何度か使うと,ガタが出るので分かります。
 ハンドルを巻いたらネジが外れたこともありました。
 後に,バネワッシャーを入れたりと工夫することになります。
 しかし,ネジのゆるみを気にしては,釣りに集中できません。
 どちらか一つだけでも,使えない理由に十分です。
 雑誌でこのリールが褒められていると,その雑誌が信用できなくなりました。
 とはいえ,高級品です。
 売らずに取っておきました。
 お金をむだにしたなあと,思いつつ。

3 何とか使えるように

 また使い始めたのはネットで「プリン巻き」の直し方を見つけてからです。
 ワッシャーを入れて,スプールを1ミリ前に出す。
 こんなことで解決できるのです。
 適当なワッシャーを見つけ,棒ヤスリで削って形を整えました。
 それを装着すると。
 なんときれいに巻けました。
 リールとして当たり前なんですが,びっくりです。
 先のバネワッシャー装着と併せて,これで普通に使えるようになりました。
 感激です。

 今では,改造を重ねた結果,オリジナルの部品は半分くらいになりました。

f:id:gisukajika:20210915160650j:plain

 とても快適に使っています。
 悪いところばかり述べましたが,よい点もたくさんあります。
 リールの大きさに比べてスプールが大きいので糸の巻きぐせがつきにくいこと。
 スプールが短いので,人差し指で糸のコントロールがしやすいこと。
 リアにドラグノブがあるので,実釣時の調整が楽なこと。
 何より,富士リール好きとしてはラチェット音が好きなのです。
 でも,出荷状態でちゃんと使えるようにしていてほしかったなあ。