ギスカブログ

釣り・読書・ウクレレ「ギスカジカ」のブログ

MENU

ウクレレのアルペジオ

 「翼をください」の伴奏を通して弾けました。
 まあ,2回に1回は,引っかかるのですけど。
 少し上達したようで,気分は上々です。
 ところで,ギターでの伴奏にはコード・ストロークの他にアルペジオがあります。
 コードの構成音をひとつずつ弾く方法です。
 次は,アルペジオを弾いてみたくなりました。

f:id:gisukajika:20211012204104j:plain

 

1 アルペジオの名曲

 ウクレレアルペジオの名曲があるといいんですが,まだ知りません。
 ギターでは,アルペジオを使った名曲がたくさんあります。
 いくつか印象的な曲を紹介します。

1 「サウンド・オブ・サイレンス」サイモン&ガーファンクル

 映画「卒業」の挿入歌として聞いたのが最初です。
 曲全体も好きなんですけど,イントロのアルペジオが心に残ります。
 サイモン&ガーファンクルには,他にもいい曲があります。
 「ボクサー」も好きなんですけど,3フィンガーは今回別にしました。
 さてこの曲のイントロは,原曲のAをDに移調すれば,ちょっとだけウクレレでも弾けます。
 キーが違いすぎて歌えませんけど。

2 「ホテル・カルフォルニアイーグルス

 これもイントロがとても有名ですね。
 今でもBGMで流れていることがあります。
 この曲,ギターだと7フレットにカポをして弾きます。
 音が高いんですね。
 その点だけ考えるとウクレレにも合っているように思います。
 いくつか楽譜を見てみました。
 多少のちがいはありますが,原曲っぽくアレンジしています。
 ちょっとやってみたのですが,甘くないですね。
 とてもじゃないけど,手がでませんでした。
 もっと基本的なものに挑戦することにしました。

3 いつものコード進行で練習

 まずは慣れたコード進行で練習です。
 とくれば,G→Em→C→D7。
 私が1番慣れたコード進行です。
 これで弦を,4と1→3→2→3の順にはじくことにしました。
 4弦が高いので1弦と合わせて弾くという形です。
 何回か弾くと,なんとか形になってきました。
 これ,GとEmとCの4弦がすべて開放のGなので,小節の頭に同じ音が響くことになり,ちょっと不思議な感じになっています。
 アルペジオはコードのルート音から始まるという印象が強すぎるのでしょうか。
 まあ,ウクレレは4弦が低いので仕方ないというか,逆にそれを生かした響きと考えることにしましょう。

4 これから

 とりあえずいつものコード進行でできるようになることを目指します。
 その後は,アルペジオで弾き語りができたらと思います。
 そして,まあそのうちにですけど,アルペジオとコード・ストロークを混ぜて演奏できたらと思います。
 まだまだ,先は長そうです。