ギスカブログ

 読書しながらスモールライフ「ギスカジカ」のブログ

【書評】たぱぞう「投資のきほん」

1 本書の概要

投資家のたぱぞうさんの初心者向け投資本です。

 

投資行動を○と×で対比的の示しているので、とても分かりやすいです。

初老のわたしが気になった、というか参考になった項目がありました。

目からウロコでした。

それらを紹介します。

2 老後は現金

× 退職金をすべて投資に回す

○ 老後の資金は現金で確保する

ここでたぱぞうさんが想定している老後は50代以降です。

わたしはドンピシャリです。

それで投資に回すのはダメとこういうのです。

老後は時間がないし、すぐにお金を使いたい。

なので遊び資金を投資に回す若い時期とはちがう。

それは分かります。

リーマンショックのような暴落がきたら、10年単位で回復しない。

回復するまでに体力がなくなる。

最悪寿命もなくなる。

まあ、こういう話ですね。

それは分かるのですが、それにしても現金ですか。

確かに現金は王様。

しかし、徐々に減っていくのは不安です。

たぱぞうさんは、どうしてもというなら債券多めの投資信託もすすめているのですが、どうなんでしょう。

わたしとしては、すぐ現金として使う予定がないお金は債券か何かで定期預金的に持っていてもいいとは思うのですが。

債券は発行体がつぶれなければ満期には返ってきますし。

ただ、インデックス投資であっても株は薦めないんだなあ。

それがたぱぞうさんではあるのですが。

3 お金とどう向き合うか

×お金を増やすことを人生の目的にする

○お金は「幸せ引換券」だと考える

これが書いてある章題でもあるのですが、お金にこだわりすぎないということなのでしょう。

自分の人生を振り返ってみると、仕事のほとんどの時間をとられていた時期は、お金について考えることはありませんでした。

給料をほとんど使っていないので、口座にお金は貯まり続けましたが、それでどうということはなかったですね。

まあ、ある意味幸せな人生だったのかもしれません。

月給取りって、こういう感覚の人多くないでしょうか。

まあわたしは家も買ってないですから、それでこんな感覚なのかもしれません。

老後が迫ってきたので、お金について考えるようになりましたけど。

それと、自分は向上心がなかったですね。

つまり、金持ちになろうという考えもなかったです。

あれば別の行動をしていたのかなあ。

そういうことで、お金を貯めることを人生の目標としていなかったです。

だから、「幸せ引換券」ということも考えなかったなあ。

自分の人生を振りかえると、たしかにFIREを目指していれば、もっと幸せだったかもしれません。

仕事、好きじゃなかったですからね

この項目は、お金に真剣に向き合っていなかった自分というのを突きつけられたような感じです。

老後は、必然としてお金と向き合うことになりそうです。

今からでも、真剣に考えてみます。

4 総評

基本的な運用の仕方から哲学的なことまで、分かりやすくまとまった良書です。

あっという間に読めるので、興味ある方はぜひ読んでみてください。

もし、若いとき、少なくとも中年の時に本書を読んでいたら、人生の選択が変わっていたかもしれません。

お金に向き合うことは大切。

それを再認識させてくれた本でした。

 

【ネタバレ書評】森バジル「ノウイットオール」

1  本書の概要

短編集です。

 

 

推理小説、青春小説、科学小説、幻想小説、恋愛小説が一つずつ。

それらが相互に関連しているという構成です。

それで題名が「すべてを知っている」。

読者が登場人物の知らない世界の秘密を知っている。

とまあ、こういう工夫です。

ノウイットオールには知ったかぶりという意味もあるそうで、まあ全知視点だからといっていい気になるなってこともあるのかもしれません。

2  コンセプト・アルバム

ロック・アルバムにコンセプト・アルバムという種類があります。

アルバムまるごと一つのテーマでそった楽曲でつくったアルバムです。

まあ、たいていは歌詞の内容が相互に関連していて、ストーリーになっているものが多いです。

ビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」が最初と聞いたことがありますが、このアルバムは聴いたことがありません。

わたしが好きなコンセプト・アルバムはこれです。

一時期ほんとうにずっと聞いていました。

さて、コンセプト・アルバムって、思ったよりも多くのバンドがつくるのですが、名盤扱いされているのはそんなに多くありません。

コンセプトが崇高で、構成意識も高く、創造性にあふれている感じがするのですが。

なぜか。

理由は単純。

思想が高踏であろうとも一つ一つの楽曲がつまらなかったら、心が動かないからです。

結局、楽曲の質が全体のコンセプトよりも重要。

当たり前といえば、当たり前の話なんですが。

3 個々の短編の質

それで本作にもどると、まあ分かりますよね、ここの短編の質はどうなんだって話になります。

おもしろかったのは青春小説「イチウケ!」。

これが青春の理想と現実をよく表現していてよかったです。

登場人物にも共感できました。

それ以外はどうかというと、正直にいえば退屈でした。

推理小説は大した推理はないし、科学小説は科学というよりバトル小説、幻想小説は骨を吸うというアイデアだけが印象に残った感じで、恋愛小説はもう覚えていません。

途中から早く読み終えたいという作業になってました。

相互に関連しているといっても、まあそれで壮大な何かが解き明かされるわけではなくて、登場人物の動機とかそんなのがちょっと分かるぐらいなので、そこにそんなにロマンは感じないというか。

それでいて、各キャラクターが魅力的でキャラクター小説になっていればまた別の印象なんでしょうけど、そうでもないというか。

そんな感じです。

4 総評

表現において実験って大事だと思います。

そこからあらたな手法やジャンルが産まれたりするので。

なので、こういう構想は好きですし、それを出版する出版社もいいと思います。

ですが、問題はやはり質。

しかも、本作、一つ一つの短編を敢えて異なるジャンルの小説にするという凝りよう。

これで質を上げるって難しいと思うのですよ。

このジャンルで傑作できるかもしれませんし、そうなったら開拓作として評価が高まることでしょう。

とは思うのですが、自分が本作の続編があったら手に取るかといったら、まあ微妙ですね。

実験作ですので、そういう「メタ作性」ともいうべき味わいを楽しみたい方にはおすすめします。

【書評】森永卓郎「ザイム真理教」

1 本書の概要

経済アナリスト森永卓郎さんの経済政策批評本です。

 

ザイム真理教

ザイム真理教

Amazon

 

経済政策批評本とは書いてみたものの、経済の本であることは間違いないのですが、どういうジャンルにしたらよいか悩みました。

趣旨は財務省の経済政策の批判なので、一応これでよいと思っています。

森永さんの本は、文体が軽妙でサクサク読めるものが多いのですが、とりわけ本書はサクサク進みました。

本書の主張は、これだけです。

財政均衡主義は間違っている。

どういうことか、述べていきましょう。

2 財政均衡主義

この考え方は単純です。

収入と支出を等しくしましょう。

国でいえば、使うお金は税収の範囲に納めましょう。

こういうことです。

当たり前に見えますが、実は当たり前ではありません。

国は税収以上の支出をしています。

どこから収入を得ているのか。

借金です。

国債を売っているわけです。

財務省としては、これが許せない。

なるべく無借金で国を運営したいわけです。

しかし、必要な支出は増える。

ならば増税

とこういう論理です。

税収が増えれば、財政は均衡になるという理屈です。

財政均衡主義者にとって、増税は当然の施策になります。

3 財政を均衡にする理由

財政を均衡にする理由は何か。

通貨の信用度を落とさないためです。

昔々、といってもそんな前でもない昔。

国が発行できる通貨には限りがありました。

国が持っている金の量しか発行できなかったのです。

これを、ニクソンさんというアメリカ大統領がやめました。

もうお金と金は交換しないぞ。

というわけで、金に交換できるから価値があったお金は別の価値を持つようになりました。

つまりですね、国がこれでものが買えるよと保障したのです。

国の信用によって、お金の価値が決まるようになりました。

金の裏付けがないのだったら、どんどんお金を刷ればいいじゃない。

とまあ、こんな短絡に考える政治家いたとします。

それでじゃんじゃんお金を刷るとどうなるか。

お金のありがたみがなくなるんですね。

ものを買うのにたくさんの金が必要になってくるのです。

インフレです。

というわけで、国は通貨発行量を制御しなくてはなりません。

財政均衡主義はこの思想に根ざしています。

お金の価値が下がらないように、税収の範囲でお金を使うようにしよう。

こういうと健全な感じがしますね。

この思想を真理としてありがたく抱いているのが「ザイム真理教」です。

森永さんが批判している考えです。

4 ザイム真理教は正しいのか

森永さんは、日銀が保有している国債は借り換えをして永遠に持っていればいいと話します。

返す必要はない。

借金を無限に未来に送り続ければいい。

そう主張しています。

国に寿命はありません。

だからこれはこれで成立します。

個人でやったら、死ぬ前には返してねとなるので無理でしょうけど。

とはいえ、さすがに森永さんも、刷りたいだけお金を刷ればよいとは言っていません。

現在の消費税分、28兆円ぐらいだそうです、このくらいは国債でまかなっても大丈夫。

そう話しています。

根拠としてあげるのがアベノミクス

アベノミクスの異次元の緩和でも、日本円の信用は失われなかった。

インフレにもならなかったし、国債が暴落することもなかった。

だから「異次元の緩和」程度の借金は大丈夫である。

こう述べてます。

なるほどと思いますが、「ザイム真理教」にとっては異端です。

いや異教です。

どっちが正しいのか。

という話になるのですが、確かに財政は均衡した方が安心はしますが、日本の現実を見ればそうも言っていられない感じがします。

現実よりも理念を優先すると悲劇が起きる。

どうやら「ザイム真理教」にも、このことは当てはまるようです。

5 景気回復には消費税廃止

森永さんはアベノミクスの失敗は、消費税増税にあったといいます。

消費税を上げたことで消費が冷え込み、不景気になった。

そう説明します。

難しいことは分かりませんが、庶民の実感としてこれはありますね。

いまや10%!

一割増しはけっこう大きいです。

特に高いものを買ったときには。

財務省は消費税を25%まで上げたいのだとか。

とんでもない。

ものを気軽に買えなくなります。

消費税がなくなったら永遠に消費が拡大するかといえば、そうでもない気はするのですが、確かに今よりはよくなる気がします。

そして、消費税分の収入は国債でいいと、森永さんは言うのです。

6 総評

本書、大手出版社に軒並み断られたのだそうです。

森永さんならけっこう売れるだろうに。

おそらくは財務省ににらまれたくないから。

そういうことらしいです。

失われた30年って、プラザ合意以降の為替のせいだとか、バブルのつけを国民に回したからだとか、産業にイノベーションが起きなかったからだとか、人口が減少したからだとか、原因がいろいろ言われて結論が出ていません。

本書で森永さんは、それは税制だと、消費税導入と税率アップが理由と言います。

新奇な視点ですが、的を射ているように感じました。

竹下さんが消費税を導入しました。

安定財源とか直間比率の見直しとか、いろいろ理由が話されました。

でもこれって結局は、税制を金持ち優遇に変えたんじゃないかと思えてきました。

法人税所得税も下げられましたからね。

違うというのならば、試しに数年、昔のシャウプ税制に戻してみたらどうでしょう。

分厚い中間層が再び現れるかもしれません。

まあ、現代的にチューニングするところは必ずあるでしょうが、昔の税制の方が案外暮らし易いかも知れません。

本書はちょっとまじめじゃない題名だったのでおもしろエッセイかと思ったのですが、正体はけっこう経済について深く考えさせてくれる良書でした。

秋の釣り

秋は様々な魚が釣れる季節です。

冬越えに備えてエサをあさる魚が増えること。

適水温となり、様々なところに魚が移動すること。

産卵期を迎えて魚が集まってくること。

魚種によって理由は違ってきますが、釣りをするにはよい季節になります。

ところが人間の方が釣りに向く季節かというと、そうではありません。

秋は様々な行事がありまして、休みの日がつぶれます。

多くは地域関連なんですが。

そうそう行けはしないのです。

ところが先週末は、少しヒマができました。

ほんの少しですけど。

それでちょっと出かけました。

ダムにです。

ねらいはバスでした。

バスは10度を下回ると釣れなくなるので、10月が限界です。

釣ることが不可能というわけではないですが、ネチネチのつまらん釣りになります。

で行ってみました。

20231023190241  ここはダム湖にそそぐインレットなんですが、水がきれいです。

ただし魚はまったく見えません。

深場に落ちたんでしょうか。

というわけでダムの中程に進み、釣りを開始。

ルアーは、シンキングミノー。

まあバスがいなけりゃ、ウグイでもかからないかなという選択です。

ここバス小型ですしね。

何回が投げていたら、竿先が重くなりました。

お、釣れた。

でもバスじゃない感じ。

エラ洗いがありませんものね。

しかし途中でジャンプ。

やっぱりバスかなあ。

と思いながら寄せてみると、これでした。

20231023190305ヤマメです。

しかも、けっこういい型です。

ここ漁業権が設定されていないので、まあ違反じゃないんですが、10月に渓流魚はいい気持ちがしません。

写真撮って、魚体にふれずにすぐ放しました。

魚の行く末を見送って、納竿にしました。

もっと釣れても困るし、バスいなさそうだし。

ここのバス、TDバイブとかで釣ったことないから、小さいクランクとか使うとまた違うの釣れそうだし。

と、いろいろ考えた結果です。

釣り人もいろいろ考えるのです。

ワームは持ってませんでした。

ワームだったら釣れなかっただろうね。

でも、せっかくの秋にワームするなんてね。

ちなみにタックルは海に行こうかとも考えていたので、どっちにも使えるスピニングにしてました。

ガチバスロッドでもよかったかもね。

ちなみにこないだサバ釣ったのと同じタックルです。

つまりは車に積んであった適当組み合わせタックルです。

このリール、アルテグラなんですけどもう20年以上前に買ったものです。

もつなあ、さすがシマノ

壊れたら買い換えようと思ってはや10年。

など時の流れを感じながら帰宅しました。

今年の淡水は、終わりかな。

 

 

【書評】上岡正明「株メンタル」

1 本書の概要

投資の心構えを説いた本です。

 

 

投資は理性的であるべき。

まあ、投資に限らず勝負事は全てそうだと思います。

しかしながら、投資にはお金がからみます。

そうすると、冷静でいられないのが人間です。

どうしたら、冷静に行動できるようになるのか?

筆者は、それには「株メンタル」を持つことだと述べているわけです。

株メンタルとは、どんな心理状態なのでしょうか。

2 欲望と感情にかつ

端的にいうとこういうことです。

欲望と感情にかつ。

パニックにならない。

まずは欲望対策です。

そもそも投資は儲けるためにするのですが、2倍3倍にしようと思って始める人は少ないはずです。

今の日本の状況、貯金預金が意味をなさない中で、老後資金を何とかしよう。

5%でも増えたらいいな。

そんな気持ちでしょう。

だから増やす方向の誘惑に引っかかるのは、ごく少数だと思います。

まあ、いるはいるのでしょうけど。

問題は減った時です。

人間って損したくないんですよね。

私は体験としてよく分かります。

私がイデコを始めた時は、定期預金だったんです。

イデコは減税効果があると説明を受けて始めたんですけど、利子よりも多く手数料が取られまして、預けた(と思ってたんです。まちがい。投資したです)金額よりも減っていることに耐えられなくなりました。

で、イデコの預け先を樂天証券に変え、投資信託を始めたと。

こういう経験があります。

だから分かるんですね。

人間儲からないは耐えるけど、損するは耐えられないんですよ。

上岡さんも述べてますが、損したときに取り返そうとして、あり得ないチャンスにかけるんです。

冷静じゃないんですね。

そして、損失拡大。

投資市場から退場。

まあ、あるあるです。

ここで、冷静な判断をする気持ち「株メンタル」が必要となるのでしょう。

感情はサバンナ生き残るには有効でしたが、現代社会で生き残るにはマイナスに作用することが多いです。

感情的なほど生き残れない。

そんな気がします。

3 ルーティーンの確立

上岡さんがルーティーンという言葉を使っているのではありませんが、私なりにまとめるとこういう言葉になります。

上岡さんは、自分の投資スタイル、投資基準を持つことの大切さを述べています。

市場のすべてを知ることはできないし、知る必要もない。

自分が知りたい情報にきちんとアクセスでき、それを自分の基準で判断し、投資行動に移していく。

こういうことが大切だと述べています。

売る基準、買う基準。

それぞれをしっかりと持つということですね。

そして、市場のどうこうに踊らされない。

特に下落相場の時に。

こういうことだと思います。

ある程度、会社の情報を自分で読み取る力を付ける必要がありますね。

4 総評

本書、投資本なんですが、私には向かない内容でした。

というのも、これは個別株投資の本です。

どういう会社の株を買って、どういう状態なら売って、とそういう本なんですね。

そして、その際に、冷静に判断できるマインドを持ちましょう。

それが株メンタルです。

というお話です。

で、私はインデックスファンドをこつこつ買い増すスタイルなので、個別株を評価することはないんですね。

おそらく、今後個別株を買うこともないでしょう。

個別に買うとすれば、社債はあるかもしれません。

社債は、格付け会社が評価してくれています。

AAとかそういうのです。

なので、改めて個別に考えることもないと思います。

まあ、怠惰ですけど。

というわけで、個人でアクティブに買う。

高配当株を買い集める。

こういう人に向いた本だと思いました。

読みやすいし、具体的だし、とてもいい本なので、そういう投資をしている人は読んでみるといいと思います。

【書評】横山光昭「ラクラク年金生活入門」

1 本書の概要

ファイナンシャルプランナー年金生活指南本です。

 

 

年金生活のキモは、支出を収入+資産で上回れるか、です。

横山さんの本書もそこに力点を置いてます。

そういう意味では凡百の類書と変わらないのですが、要点を明確にしているのが良いです。

その要点を私なりに取り上げていきたいと思います。

2 収入

ここでの要点は3つ。

年金、資産形成、労働です。

順番にいきましょう。

まずは年金。

これはねんきん定期便で確認することを勧めています。

個人個人で額が違いますから、一般論で語っても仕方ないところがありますから。

年金をベースにその他を積み上げていきます。

私も近い将来いただくことになるのですが、まあ心許ないですよね年金。

しかし、これが基礎収入になることは事実。

政権の皆さん、下げないでくださいよ。

次は資産形成です。

老後、つくった資産の配当や取り崩しをするのです。

横山さんは現役時に25%を投資にといってます。

NISAやiDeCoの活用です。

投資先への言及はありませんでした。

他の本で確かめてくださいということでしょうね。

基本的にはインデックスファンドへの投資でしょうね。

これもねえ、プラザ合意の前だったら何も考えずに定期預金だったんですけどね。

まあ、どうしようもないことを言ってもしょうがないので、シロウトでもできる投資をするだけです。

米国債投資もいいかもしれませんね。

どっちも為替次第なところがあるんですけどね。

最後は労働です。

老後も働くのか。

そういう気持ちがないわけではありませんが、仕方ありません。

まあ、現役とは違う働き方を探ることになるでしょう。

再任用でかつての部下から指示を出され屈辱を感じる。

こういう方もいるでしょうけれど、気持ちの切り替えが一番です。

横山さんも新入社員になった気持ちでと書いてました。

これも、いつでもやめられるって考えられたら楽なんですけどね。

元の職場にこだわることもありません。

違う職場・職種での就労、起業なども考えられます。

起業なんて難しそうですが、まあ何か自営を始めるくらいの感覚でいいのでしょう。

いつでもやめるという気持ちを持ちつつ、行うのがいいのかな。

いままでしてきた仕事から派生するもので考えるのがいいのだとか。

とはいっても難しそうですけどね。

これもやめられないという状態にならないことが大事でしょう。

老後もブラック労働なんて、ご勘弁です。

3 支出

支出は減らすに限る。

というわけで節約です。

固定費の見直し。

ここから始めるのが大事とのこと。

自分で言えば、保険はほぼ解約ですし、テレビもいいかなあ。

NHK高いですからね。

電話も携帯でいいので、固定は解約。

あの72,000円は何だったのでしょうか。

NTT儲けてるなら買い取ってよ。

光回線も携帯のテザリングでいいかなあ。

5Gになったら速そうだし。

光回線も安くなってきたから、そこ待ちでもいいかもしれません。

電気は、一時期安かったんだけど国際紛争で上がりましたからね。

これも時期を見て考えるのがいいと思います。

それから車なんですが、仕事しなくなったら夫婦で1台でいいかなと思っています。

今は田舎の共働きなんで、それぞれ持ちなんですけど。

まあ、自分はカブもあるしね。

とまあこんな具合にできる節約をしていこうかと思います。

今から浪費癖をなくすようにしていかないとね。

コンビニはATM以外使わないようにしましょう。

そうそう。

横山さん興味深いことを書いてました。

現金がいいんですって、節約には!

カードならクレジットじゃなく、デビットがいいんだそうです。

減るのが分かるのがいいと。

買い物ではそうなんだろうと思いました。

まあ、固定費の支払いをクレジットでしていますから、なくすことはできないんですけど。

とにかく、使わない習慣を身につけることが大事ということです。

4 総評

総じて、当たり前のことを述べている感じでした。

でも当たり前が徹底できないんだよなあ。

老後の心配はお金だけじゃなくて健康もあると思うのですが、まずはFPらしくお金からということです。

後はあきない趣味を持つことかなあ。

最近、釣りもいかなくなってきたし。

何か、新しいことを探すのもいいかもしれません。

節約だけだと気詰まりになるでしょうから。

そういう意味では、気晴らしの仕事という働き方もいいかもしれませんね。

マイクロジグでサバ釣り

1 ジグの釣り

わたしはルアー釣りを好みます。

理由は、エサの準備がいらないから。

エサって余ったりしてもジャマだし、用意するのも面倒。

そして、動き回るのも大変。

ルアーならこういうこともありません。

なのでルアーが好きなんです。

防波堤でのルアー釣りはソフトルアー、つまりワームが主流です。

よく釣れるし、準備も楽なんでいいのですが、最近はメタルジグをすることが増えました。

なぜか?

加齢のせいでしょうか、待てなくなって来たんですね。

心理的に。

ゆっくり仕掛けを動かすのを面倒に思うようになったんです。

なのでメタルジグ。

釣れるか釣れないかと言ったら、ワームよりは釣れません。

だけどテンポが良いので第1選択肢になってます。

2 動かし方

動かし方は2つです。

ワンピッチジャークとリフトアンドフォール。

まあどっちも魚に取ってはおんなじアクションです。

ワンピッチジャークは中層で、リフトアンドフォールは底で行います。

ゆっくりなのはリフトアンドフォールですが、そう変わるものでもありません。

ワンピッチジャークもゆっくりです。

トゥイッチと言ってもいいくらいです。

5gのジグですから、あんまり速く動かすと水面から出ちゃうのです。

それで底は根魚、中層は回遊魚をねらってます。

まあ、夜釣りだとソイとかは中層でも食ってくるんですけどね。

あ、夜釣りだと基本タダ巻きでした。

3 釣果

釣れたのはこれです。


f:id:gisukajika:20231010231545j:image

サバです。

小サバですが、よく引いたなあ。

群れに当たると連発しました。

ロッドが5.6フィートのライト、リールがキワスピンだったので、ちょうどよかったですね。

ホントは7.6や8のロッドの方が遠投しやすかったとは思います。

かけてからは短い方が楽しいですけど。

それから、これも釣れました。


f:id:gisukajika:20231010231606j:image

カマスです。

まだいたんですね。

引く力はサバの半分。

ロッドがオーバーパワーでした。

渓流用のスピニングがちょうどいい感じです。

4 自動ハリス止め

今回のジグは、以前根掛かり防止対策をしたものでした。

針をリングでつなげたものではなく、自動ハリス止めを介して取り付けています。

根掛かり対策で、根掛かったら針だけサヨウナラ。

そんな仕掛けでした。

自動ハリス止めは、ハゼとかモロコ釣り用でホントの小物にしか使わないのです。

なので、釣れても針を持ってかれるだけという心配をしていたんです。

だけど、問題なし。

よかったです。

まあ、尺超えのソイとかアイナメは難しいと思いますが、十分実用的だと思いました。

よかった、よかった。